AROUND JAPAN

(島根県の道の駅 no.07)

道の駅 大社ご縁広場

駅基本情報
駅名 大社ご縁広場(たいしゃごえんひろば)
住所 島根県出雲市大社町修理免735-5
駅名の由来 「大社」し出雲大社の意味。「ご縁」は元来は仏教用語で「結果を生じさせる間接的な原因」の意味。
施設 観光案内所
特産品 物産館無し

スポンサーリンク

商業施設の存在しない道の駅

山陰地方の日本海側を走る国道9号線。出雲市内で国道431号に沿って北上、その後、県道161号線に入ったところに本駅はある。日本を代表する 神社の出雲大社から1キロ程南にある無料駐車場を備えた観光案内所が本駅の中心施設。大社の近くにも駐車場があるため、わざわざ大社から遠い 道の駅に駐車する必然性は薄いが、本駅の中心施設の「吉兆館」では出雲大社の模型展示など出雲大社に関する知識を得ることが出来る。本駅は 道の駅としては珍しい商業施設の存在しない道の駅。物産館、農作物直売所、レストランは存在しない。

道の駅から出雲大社へ徒歩で向かう

道の駅から出雲大社の入り口まで約1キロ、出雲大社入り口から本殿まで約1キロ、合計2キロの散歩を楽しみたい。 (1)吉兆館内 : 過去に存在したといわれる出雲大社の巨大神殿の復元模型
(2)神話広場 : 国引き神話を表した巨大石画
(3)高さ23mの日本一高い鳥居 : 道の駅を出て約200メートル
(4)大社線「出雲大社前」駅舎 : 大社とは対照的なモダンな洋風建築の駅舎。国の登録有形文化財
上記は道の駅に車を止めないと見ることが出来ないので、道の駅に駐車した場合は是非チェックして頂きたい。


道の駅看板

道の駅看板

吉兆館

道の駅の施設となる「吉兆館」。観光案内を行っている。

出雲大社の巨大神殿

吉兆館内では過去に存在したといわれる巨大神殿の復元模型が展示されている。

国引き神話を表す石画

道の駅駐車場の横にある神話広場には国引き神話を表す巨大石画がある

高さ23mの鳥居

駐車場から歩いて数分の所に白い巨大な鳥居が現れる。高さ23mで日本一の高さ。

出雲大社前駅舎

更に歩いて5分の所に洋風のモダンな建物の出雲大社駅前駅舎がある。

出雲大社入り口

道の駅から徒歩で約10分で出雲大社の入り口に到着する