AROUND JAPAN

(鳥取県の道の駅 no.03)

道の駅 北条公園

駅基本情報
駅名 北条公園(ほうじょうこうえん)
住所 鳥取県東伯郡北栄町国坂1525-92
駅名の由来 市町村合併前の旧町名の北条町より。道路を挟んで向かい側には北条砂丘公園がある。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、北条オートキャンプ場、うどん店
特産品 長芋「ねばりっこ」、ねばりっこソフト、砂丘長芋、鳥取らっきょう、二十世紀梨ゼリー、二十世紀シュークリーム、 二十世紀まんじゅう、二十世紀プリン、もさえび煎餅、倉吉生姜煎餅、地酒きんつば、梨、むかご

長芋「ねばりっこ」の直売所

 山陰自動車道のはわいICから国道9号線を西に4km、鳥取県北部の旧北条町(現北栄町)に本駅「北条公園」はある。 はわいICを降りた後、本駅まではほぼ一直線の道路。北条町の名物である真っすぐで等間隔に並ぶ風力発電用の風車を見ながら暫くすると、 だだっ広い駐車場と平屋建ての小さな2つの建物から成る本駅が見えてくる。
 本駅は大雑把に言うと鳥取県の特産品の長芋「ねばりっこ」の直売所。 「ねばりっこ」販売を中心とした農作物直売所、 「ねばりっこ」を使った料理が人気のレストラン(その名も「ねばりっ娘(こ)」)から成る施設構成。 一応、道の駅としての体裁を保つため(?)に鳥取県の特産品を販売する物産館もあるが、 多くの客は農作物直売所やレストランの利用が目的である。
 その「ねばりっこ」だが、鳥取県園芸試験場で開発育成された新しい品種の長芋。 従来の長芋と比べて粘りが強く、果肉が白いのが特徴。 本駅ではキログラム単位で販売されており、1.5kgで1300円、3.5kgで3430円、5kg(1m×1本の上質品)は4900円で販売されている。

「ねばりっこ」の本領、「ねばりっこソフト」

 上述した通り、本駅の名物は「ねばりっこ」だが、その「ねばりっこ」の特徴を端的に示す商品が本駅には用意されている。 それは「ねばりっこソフト(400円)」。バニラアイスに「ねばりっこ」を加えたソフトクリームだが、 「ねばりっこ」の粘りと色の白さを十分に感じることが出来る。 「ねばりっこソフト」は一見、普通のソフトクリーム。商品を受け取る際、店員から良くかき混ぜるように指示される。 言われるがままにアイスをぐるぐる掻きまわすこと数分。 するとアイスに粘りが出てきて伸びる伸びる、まるでトルコアイスのような感じになる。 味は長芋そのものの感じ。長芋を擦りおろし、甘く味付けして冷やした感じと言えば良いだろうか。 長芋が好きな方はきっと満足すると思う。
 レストラン「ねばりっ娘」でも「ねばりっこ」を使った料理が人気。 名物メニューは「ねばりっこ」をふんだんに使った「ねばりっこ御膳(1180円)」。 「ねばりっことろろそば/うどん(600円)」「ねばりっことろろそば定食(900円)」等のメニューもある。 農作物直売所では「ねばりっこ」以外にも地産の野菜や果物を販売。 珍しい商品では長芋の「むかご」が数多く販売されている。 物産館では「鳥取らっきょう」が目に付く存在。県内10のメーカーの自慢の「らっきょう」が販売されている。 鳥取県の特産品の二十世紀梨を使った菓子類も数多く販売。 二十世紀梨ゼリー/シュークリーム/まんじゅう/プリン等が販売されている。

道を挟んで向かい側にも駅施設

 道の駅看板の矢印とは逆の方向、メイン施設とは国道を挟んで向かい側、方角で言えば道路の北側にも実は駅施設がある。 道の駅の向かい側にある施設は「北条オートキャンプ場」「農作物直売所 一菜ふく福」「うどん店 北条製麺所」 「ガガフレッシュジェラード北栄店」の4つ。 特に「北条オートキャンプ場」は夏休み期間は1日に100人以上が利用する人気の施設になっている。
 オートキャンプ場は日本海に面した波の音が聞こえる場所にあり、1泊の料金は1サイト4800円。 「農作物直売所 一菜ふく福」は地産の野菜や果物を販売、 「うどん店 北条製麺所」は「かけうどん」「ぶっかけうどん」「醤油うどん」「ざるうどん」等、全て320円の格安料金で味わうことが出来る。 広い芝生公園があるのも魅力。実はこの芝生は鳥取県が開発した「グリーンバードJ」と呼ばれる新しい品種。 雪が積もる真冬を除けば、フカフカの緑の絨毯の上を散策することが出来る。

2024年に全面リニューアルを予定

 さて、国道の南側、北側に多彩な施設を持つ本駅だが、残念ながら利用客は夏場のオートキャンプ場を除けば低迷。 「施設が南北に分断されていて利用しずらい」「北側エリアの存在が国道からは気付きにくい」等の理由もあるが、 最大の理由と考えられているのは密集している近隣の道の駅。 ただでさえ半径10キロ以内に7つの道の駅が乱立していたのに、新たに「琴の浦(2016年登録)」 「西いなば気楽里(2019年オープン)」が加わり、合計9つの道の駅で客の奪い合いを行っている。
 本駅を管理する北栄町では本駅の在り方、即ち撤退かリニューアルかを検討。 数年後に本駅の前に山陰自動車道の新しいインターチェンジが完成することから将来性があると判断し、 2024年を目処に施設の建て替えを基本とする全面リニューアルの方針を決定している。 新装する道の駅のコンセプトは「北条砂丘のめぐみ」。 北条砂丘を構成する自然、歴史、景観(白砂青松)、農業、人間を感じる道の駅を目指すことになっている。 現段階では計画段階であり今後計画の変更もあり得るが、 計画通りなら数年後に大きくて綺麗な新しい本駅の姿を見ることが出来るだろう。



道の駅看板

道の駅看板。「とるぱ」(写真撮影に適した駐車場)のマークが付いている。

風力発電用の風車

「とるぱ」の対象となっている風力発電用の風車。でも、本駅に関しては「とるぱ」の選定基準がちょっと甘い気がする。

物産館と農作物直売所

物産館(右)と農作物直売所(左)

レストラン「ねばりっ娘」

「ねばりっこ」を使った料理が人気のレストラン「ねばりっ娘」

「ねばりっこアイス」の販売所

レストランの横に「ねばりっこアイス」の販売所がある

ねばりっこアイス

「ねばりっこアイス」はこんな形状で販売

伸びる「ねばりっこアイス」

「ねばりっこアイス」はかき混ぜると伸びる伸びる

北条オートキャンプ場

道の駅看板の矢印とは反対側、国道を挟んで向かい側にある北条オートキャンプ場

農作物直売所「一菜ふく福」

こちらも国道を挟んで向かい側にある農作物直売所「一菜ふく福」。この建物の奥にうどん店「北条製麺所」がある。

芝生公園

鳥取県が開発した芝生「グリーンバードJ」が敷かれた芝生公園

近隣のお勧め宿泊施設

■北条オートキャンプ場
 (口コミ平均4.4点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から北西に200m
 - 料金(1棟6,091円~[5人まで宿泊可])
 - 【注】冬期は積雪により宿泊できない場合あり

 

■はわい温泉 民宿鯉の湯
 (口コミ平均4.3点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南東に7km
 - 料金(1人6,100円、2人計11,000円~)
 - (はわい)温泉あり/食事付きプランもあり

   

■自家源泉掛け流しの宿 はわい温泉 羽衣
 (口コミ平均4.4点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南東に7km
 - 料金(6,000円~)
 - (はわい)温泉あり/食事付きプランもあり
 - 東郷湖を一望する露天風呂が自慢

   

■倉吉シティホテル
 (口コミ平均4.0点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅から南東に8km
 - 料金(1人4,545円、2人計6,818円~)
 - 朝食付きプランもあり[+818円/人]

   

My Select

■はわい温泉 民宿鯉の湯

本駅まで来たならば山陰の名湯のはわい温泉に宿泊するのは如何だろうか。本宿は豪快な海鮮料理と天然温泉が評判の宿。 価格もお手頃でじゃらん「コスパ宿大賞」を受賞している。


🐶ペット旅

■松風荘旅館
 (口コミ平均4.5点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南に9km
 - 料金(1人5,273円、2人計9,638円~)
 - 食事付きプランもあり
 - ペット可のプランあり[1人8,637円、2人計15,456円~]
 - 楽天トラベルアワードで銅賞受賞の宿

   

近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)