AROUND JAPAN

(奈良県の道の駅 no.12)

道の駅 伊勢本街道 御杖

駅基本情報
駅名 伊勢本街道 御杖(いせほんかいどう みつえ)
住所 奈良県宇陀郡御杖村大字神末6330
駅名の由来 「伊勢本街道」は奈良方面から伊勢参宮するための古道。本駅は伊勢本街道沿いにある。「御杖」は村名より。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、温泉施設
特産品 立体組木、草履、檜のまな板、御杖米、みつえ巻き寿司、蒟蒻、漬物、もみじラーメン

スポンサーリンク

伊勢本街道沿いの道の駅

本駅は奈良県の東端の御杖村にある。 国道368号線と国道369号線が合流する交通の要所…と言っても交通量はとても少ないのだが…に駅は位置している。 奈良方面から国道369号線と368号線を経由して伊勢神宮まで向かう道は「伊勢本街道」と言われ、 江戸時代から存在する古道である。 現在の国道は道路改良のため、従来の伊勢本街道から外れている箇所も多いが、 本駅付近は従来の古道と国道が重複する数少ない区間。 車窓は江戸時代と同じ風景を見ることが出来る。

立体組木は一見の価値あり

駅施設は物産館、農作物直売所、温泉施設から成る。また温泉施設内にレストランがある。 物産館は広さはそこそこだが販売されている商品の数は多くない。 その中でひと際目を引くのは「立体積み木」。灌木(かんぼく:林業を行う上で不要な木を伐採した材木のこと)を用いた工芸品で、 細かいパーツを組み合わせた積木は一見の価値ありだ。 伝統工芸品の手作りの飾り草履も面白い。檜のまな板や木材も販売されている。 食品では御杖米、みつえ巻き寿司、蒟蒻、漬物が特産品として販売されている。 農作物直売所では品目は少ないが蕨などの山菜、ほうれん草等の葉物野菜が販売されている。

6種の湯を楽しめる温泉施設

本駅の目玉は温泉施設。内風呂、露天風呂、木樽風呂、泡風呂、打たせ湯など7種の湯を楽しむことが出来る。 泉質は低張性単純温泉。pH値は6.8でほぼ中性の温泉である。 源泉不足のため加水をしており、その点は温泉ファンにとっては少し物足りないかも知れないが、 特に屋外にある露天風呂、木樽風呂は開放的な気分にさせてもらえる。 温泉施設内にはレストランがある。レストランの推しメニューは「もみじラーメン」。 最も美味しいと言われる7月~9月に獲れるメス鹿の肉をトッピングしたラーメンである。 肉うどん、カレーも食べることが出来る。 なお、温泉を利用せずレストランだけ利用することも可能である。


■近隣の宿泊施設(クリックで予約サイトへ)
- 道の駅から北東に11km(朝食付き2人計14,545円~/温泉あり/夏季は屋外プールあり[有料]/2食付きプランもあり)
火の谷温泉 美杉リゾート ホテルANNEX

- 道の駅から西に15km(1人7,000円、2人計10,000円~/食事付きプランもあり)
民宿 2・7(ツーセブン)

- 道の駅から西に18km(5,000円~/築140年の古民家の宿/食事付きプランもあり[朝食+1,000円/人、2食付き+3,500円/人~])
古民家の宿 木治屋

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)



道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。手前からトイレ、物産館、温泉施設。

立体組木

灌木材を用いた立体組木。パズルになっている。

飾り草履

伝統工芸品の飾り草履

温泉施設

温泉施設「姫石の湯」