AROUND JAPAN

(奈良県の道の駅 no.05)

道の駅 ふたかみパーク當麻

駅基本情報
駅名 ふたかみパーク當麻(ふたかみパークたいま)
住所 奈良県葛城市新在家402-1
駅名の由来 「ふたかみパーク」は駅に隣接する二上山ふるさと公園より。「當麻」は市町村合併前の旧町名の當麻町より。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 葛餅、葛きり、奈良漬、手作りジャンボ麩「おいしい棒」、カボチャ、柿の葉寿司、水まんじゅう、よもぎ大福、蒟蒻、 胡麻豆腐、がんもどき

スポンサーリンク

奈良の地方色濃い特産品

本駅は奈良県の西端の旧當麻町(現葛城市)にある。 大阪市と三重県の津市を結ぶ交通量の多い国道165号線から200メートル程西に入った場所で、二上山ふるさと公園の横に駅は位置している。 さて、本駅の魅力を一言で表すならば「自然と調和する道の駅」ではないだろうか。 駅施設は水田に囲まれ、その奥には平安時代の歌にも詠まれた二上山を見ることが出来る。 隣接の二上山ふるさと公園では花壇、芝生公園、散策路があり自然を満喫することが出来る。 但し、二上山ふるさと公園は人気スポットであり、週末は本駅を含めて混雑するので注意が必要である。 本駅は農作物直売所を兼ねた物産館とレストランから成る比較的小さな道の駅。 各施設では奈良県の地方色を出した特産品の販売、食事の提供が行われている。

名物の味付き蒟蒻は懐かしい味

物産館では奈良県の特産品が多数販売されている。 奈良県定番の葛餅、葛きり、奈良漬、大和の柿の葉寿司はもちろん本駅でも販売されている。 本駅ならではの商品は長さ70cmの巨大麩「おいしい棒」、當麻町の菓子メーカーが作る「水まんじゅう」「よもぎ大福」がある。 また、當麻町はカボチャの産地であり、カボチャ販売が盛んに行われている。 レストランでは海老フライと蓮根饅頭をセットにした「蓮花定食」が人気。町名を冠した「たいまうどん定食」もある。 駅の入り口付近では名物の「味付きこんにゃく」を販売。 辛子をたっぷり塗って食べるので、蒟蒻の味よりも辛子の味の方が舌に残ったが、とても懐かしい田舎の味がした。


■近隣の宿泊施設(クリックで予約サイトへ)
- 道の駅から東に6km(5,500円~)
旅館 二鶴

- 道の駅から北に5km(1人4,000円、2人計4,363円~/香芝ICから車で1分)
OYO 緑ガーデンホテル 奈良香芝

- 道の駅から東に6km(3,819円~)
福の屋旅館

- 道の駅から南東に7km(3,728円~/食事付きプランもあり[朝食+545円/人、夕食+1,454円/人~])
いそかね旅館

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)



道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。物産館とレストランが入っている。

駅を囲む水田の景色

駅は水田に囲まれている

蓮花ちゃん

葛城市のゆるキャラ「蓮花ちゃん」が飾られている

味付きこんにゃく

名物の味付きこんにゃく(100円)。辛子をべっとりと塗って食べるが意外と辛くない。

二上山ふるさと公園

駅隣接の二上山ふるさと公園。花壇、芝生公園、散策路、展望台がある。