AROUND JAPAN

(兵庫県の道の駅 no.18)

道の駅 フレッシュあさご

駅基本情報
駅名 フレッシュあさご
住所 兵庫県朝来市岩津96朝来サービスエリア内
駅名の由来 「フレッシュ」は「新鮮な」という意味、「あさご」市名の朝来市より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 岩津ネギスナック、岩津ネギ焼きせんべい、岩津ネギ佃煮、岩津ネギうどん、岩津ネギ餃子、但馬牛まんじゅう、但馬プリン、松葉がにせんべい、 丹波黒豆煮、丹波黒きんつば、黒豆甘納豆、黒豆うどん、竹田城関連の土産品

スポンサーリンク

最初の高速SA兼用道の駅

本駅「フレッシュあさご」は兵庫県の中央部の朝来市にある。 高速道路(厳密には高規格有料道路)である播但連絡道路の朝来SA内にある道の駅。 今でこそ高速SAと共用の道の駅は珍しくないが、本駅は1999年に静岡県の道の駅「富士川楽座」と共に全国初となった高速SA兼用の道の駅である。 アクセス方法は高速道路から向かうのが簡単。 施設は上り線にあるが、連絡通路があるので下り線側からもアクセス可能である。 問題は一般道側からのアクセスで、沿道の国道312号線からは見逃してしまうくらいの小さな看板が1つあるのみである。 不覚にも私は一般道からの小さな看板を見逃してしまい、しばらくの間周辺をさまようことになってしまった。 なお、一般道からは狭くて低い鉄道の高架下の道路を通らなければならないため、大型車はおそらく通ることはできないと思われる。

岩津ネギを使った特産品

駅施設は物産館、農作物直売所、レストランから成る施設構成。 高速道路SA兼用の道の駅では一般的に言えることだが、本駅も品揃えは充実しており朝来市の特産品や近隣地域の特産品が幅広く販売されている。 物産館で目に付く商品は地域の特産品「岩津ネギ」を用いた商品で、「岩津ネギスナック」「岩津ネギ焼きまんじゅう」「岩津ネギ佃煮」 「岩津ネギうどん」「岩津ネギ餃子」等がある。 この中で「岩津ネギスナック」を試食してみたが、ネギ独特の苦みがあり大人のスナック菓子という感じを受けた。 また、こちらも代表的な特産品の丹波黒豆を用いた商品も数多い。 「丹波黒豆煮」「丹波黒きんつば」「黒豆甘納豆」「黒豆うどん」等の商品が販売されている。 その他にも魅力的な商品が多数。兵庫県北部の特産品の「松葉がにせんべい」や、 全国区の人気となった天空の城・竹田城をテーマにした土産品の「竹田城跡ゆべし」「竹田城跡草団子」 「天空に浮かぶ城(チョコ&カスタードシュー)」、但馬プリン、肉味噌せんべい等が販売されている。

竹田城をイメージした雲海丼など多彩なメニュー

本駅はレストランも充実のメニュー構成。 ご飯ものは23種、麺類は16種のメニューの中から好みの料理を選ぶことができる。 レストランの人気メニューは「雲海丼」。雲海に浮かぶ竹田城をイメージした料理で、高級但馬牛を用いて山芋で雲海をイメージしている。 但馬の肉4種を用いた「たじまづくし」も人気のメニュー。 但馬牛、八鹿豚、但馬鶏、鹿肉を全て味わって1500円の価格はお得である。 ジャージミルクや黒豆を用いたソフトクリームも人気。 朝来市自慢の品「生クリームを使ったチーズケーキ」も味わってみたい逸品である。


道の駅看板

一般道からは国道312号線沿いのこの小さな看板を見逃さないように注意

道の駅看板2

引き続き、この小さな看板に従って進む

駅施設遠景

駅施設遠景。高速SA兼用のため中々立派な建物である。

駅施設

駅施設。入口付近に農作物直売所、建物の中に物産館とレストランがある。

岩津ねぎスナック

人気商品の岩津ねぎスナック

レストランの人気メニュー

レストランの人気メニュー。「雲海丼」と「たじまづくし」。

駅から見る風景

駅から見る新緑の風景。秋の紅葉も美しそう。