AROUND JAPAN

(大阪府の道の駅 no.07)

道の駅 とっとパーク小島

駅基本情報
駅名 とっとパーク小島(とっとパークこしま)
住所 大阪府泉南郡岬町多奈川小島455-1
駅名の由来 駅名は公募による。地元の小学校女児が考えた名前で、女児が魚のことを「とっと」と呼んでいたことより。 「小島」はこの地区の名称より。
施設 海釣り公園、レストラン
特産品 鮮魚

スポンサーリンク

人気の海釣りスポット

大阪府の最南端、和歌山県との県境まで約1キロのところに本駅「とっとパーク小島」がある。アクセス方法としては阪和自動車道 の阪南ICから国道26号線と府道65号線を海沿いに西に約20キロ進むと到着する。私は訳あって南海鉄道多奈川線の終点の多奈川駅から 徒歩で本駅に向かったが、歩道が無い箇所があるためかなり危険。歩くには距離もあるので公共交通機関を使う場合は南海本線 の「みさき公園」駅からバスを使う方が良いだろう。本駅は海釣り公園を併設する道の駅、というよりは海釣り公園そのものであり 道の駅に付き物の物産館が存在しない。訪れる客も90%以上は釣り目的で、残りはの数パーセントは道の駅ファンとスタンプラリー 参加者と思われる。

別に道の駅登録しなくても良いのでは?

「とっとパーク小島」には桟橋があり、桟橋の上から海釣りを楽しむことが出来る海釣り公園である。元々、この桟橋は関西国際空港の 埋め立て工事で使われたもので、この桟橋から船で土砂を運搬したものである。ここはかなり良い釣り場のようで、休前日には夜明け 前から入場整理券を求めて多くの釣り客が並ぶらしい。よく経営不振の施設が客を呼び込むことを目的に道の駅登録をする場合があるが、 この施設は元々釣り客に大人気のスポットであるので、個人的に意見としてはわざわざここを道の駅登録しなくても良いのではないかと 思う。物産館もないので道の駅ファンにとってはあまり魅力を感じないのではないだろうか。ただ、本駅から見る海の景色は美しい。 特に夕刻は明石海峡に沈む美しい夕日を見ることが出来る。


道の駅看板

駅施設。釣り場への入園券販売の他、釣りに必要な用具が販売されている。

海釣り用桟橋。階段より下は釣り客以外は立ち入り禁止。遠くに淡路島を見ることが出来る。

鮮魚販売用の生簀。大漁時には魚販売が行われる。残念ながら訪問時は魚の販売は行われていなかった。