AROUND JAPAN

(京都府の道の駅 no.06)

道の駅 丹波マーケス

駅基本情報
駅名 丹波マーケス(たんばマーケス)
住所 京都府船井郡京丹波町須知色紙田3-5
駅名の由来 「丹波」は市町村合併前の旧町名の丹波町より。「マーケス」はデンマーク語で「市場」の意味。 本駅は道の駅登録前はスーパーマーケットだった。
施設 物産館、肉屋、レストラン、フードコート、スーパーマーケット
特産品 丹波黒豆腐もなか、栗もなか、栗パイ、黒豆ロールケーキ、黒豆せんべい、黒豆入り羊羹、丹波黒豆煮、黒豆きんつば、 黒豆そば、茶かのこ、宇治茶、丹波牛コロッケ、丹波牛肉、豆腐コロッケ

スポンサーリンク

道の駅? スーパーマーケット?

京都縦貫自動車道の丹波ICから国道9号線を北に600m、京都府北西部の旧丹波町(現京丹波町)に本駅「丹波マーケス」はある。 京丹波町は人口密度が1平方キロメートル当たり46人のかなり長閑な町。 ただ、本駅は町の中心部の近くにあり、人の流れも車の往来もそこそこある場所に立地している。 さて題目に記した「道の駅?」「スーパーマーケット?」だが、どちらも正解。 本駅は元々はスーパーマーケットで、今でも施設入り口には「スーパーマーケット サンダイコー」と表示されている。 過去に本駅を訪れた際は京都府外の車のナンバーも駐車しており、意外と観光客が多いと感じたが、最近は訪れる客は地元客が殆どの模様。 どうやら、観光客は京都縦貫道のPA内に設置された新しい道の駅に集まっているようだ。 良し悪しは別として、地元客は本駅、観光客は新しい道の駅、ときちんと棲み分けが出来ているようだ。

「丹の蔵」は道の駅のような物産館

本駅は上述の通りほぼスーパーマーケットなのだが、入り口付近にある物産館「丹の蔵」は唯一、道の駅の雰囲気を漂わせている。 物産館「丹の蔵」では丹波地区の特産品を販売。 主役は黒豆と丹波栗で、これらの加工品が数多く販売されている。 まず黒豆関連では「丹波黒豆腐もなか」「黒豆ロールケーキ」「黒豆きんつば」「黒豆入り羊羹」等のスイーツが目立つ。 「丹波黒豆煮」「黒豆そば」も販売されている。 丹波栗関連では「栗もなか」「栗パイ」が人気商品。 その他、「宇治茶」「茶かのこ」も大々的に販売されている。 京丹波町の商品ではないが週末限定販売の「丹後のばらずし」も本駅の人気商品。 焼き鯖を半日掛けて甘辛く炊き上げた「鯖そぼろ」を使うちらし寿司で、祭りごと、祝い事の時にもてなされる郷土料理である。 私も実際に食べてみたが、とても美味しかったので、週末に本駅を訪れる方は試してみるのは如何だろうか。

丹波牛コロッケは出来立ての味

物産館「丹の蔵」の反対側のスペースには「丹波和牛のいづつ屋」がある。 人気の中心はもちろん「丹波和牛」だが、「丹波牛コロッケ(1個159円)」も人気商品である。 丹波牛コロッケは出来立て、ホクホクの味。さすがにコロッケになってしまうと私のバカ舌では丹波牛の味を認識することはできないが、 何となく甘く、高級牛肉を食べた気分になるから不思議である。 肉屋の横にはフードコーナーがある。関西風のメニューが中心で「たこ焼き」「焼きそば」「おむそば」「お好み焼き」等を味わうことが出来る。

レストラン、フードコートもある

スーパーマーケットを兼ねた本駅は「食べる」施設も豊富。 大きなレストランとフードコートもある。 レストラン「まこと」は京丹波の郷土料理から一般メニューまで幅広いメニュー構成。 「にぎり天ぷら(1400円)」「山菜せいろ(780円)」「うなぎせいろ(1400円)」「やしろ弁当(990円)」 「得々そば(1300円)」「天ぷら刺身御膳(1890円)」等のメニューがある。 フードコート内には「Cafe de 京丹波」「鬼そばの店」「丼の都屋」「Shing Sang Curry」「楊記ラーメン」の5店舗がある。 「Cafe de 京丹波」ではソフトクリームやケーキセット、 「鬼そばの店」では丹波町伝統の鬼そば、 「丼の都屋」では丹波森のキノコと野菜丼、 「Shing Sang Curry」では丹波牛スジカレー、 「楊記ラーメン」では丹波黒ラーメン等を味わうことが出来る。

その他にも店舗はいっぱい

本駅にはその他にも数多くの店舗が揃っている。 100円ショップ、ベーカリー、化粧品、薬、洋菓子、雑貨…もちろんスーパーマーケットなので日用品、食料品も完備。 これらの品は、遠方からの観光客にとっては、わざわざ本駅まで出掛けて買うようなものではないと思うが、 旅の途中で日用品が必要になることもあるだろう。 そういう意味では本駅はとても貴重な道の駅と言えるのだろう。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。左側はスーパーマーケット、右側に道の駅的施設が揃っている。

物産館「丹の蔵」

物産館「丹の蔵」。本駅で最も道の駅的な施設である。

丹波和肉の店「いづつ屋」

丹波和肉の店「いづつ屋」。丹波牛コロッケはここで購入できる。

フードコーナー

フードコーナー。たこ焼き、おむそば等、関西風のメニューが並ぶ。テイクアウトもイートインも可能。

レストラン「まこと」

レストラン「まこと」。幅広いメニューがある。

フードコート

5つの店舗が並ぶフードコート

丹後のばらずし

物産館の人気商品の「丹後のばらずし」。週末限定販売。

丹波牛コロッケ

丹波牛コロッケ(159円)。ホクホクで美味しい。