AROUND JAPAN

(静岡県の道の駅 no.12)

道の駅 玉露の里

駅基本情報
駅名 玉露の里(ぎょくろのさと)
住所 静岡県藤枝市岡部町新舟1214-3
駅名の由来 玉露とは日本茶の一種で高級茶として知られている。 本駅が位置する朝比奈地区は宇治(京都)、八女(福岡)に次ぐ玉露茶の日本三大産地に数えられている。
施設 物産館(2箇所)、レストラン、茶室「瓢月亭」、日本庭園、(隣接施設)ふるさと世界の昆虫館
特産品 朝比奈玉露、岡部玉露、玉露の里オリジナル茶、静岡牧之原煎茶、やぶきた茶、玉露ソフトクリーム、抹茶パイ、抹茶あずき餅、 玉露ようかん、茶そば、玉露と抹茶酎ハイ、宝焼酎の「濃いお茶割」(緑茶ハイ)、急須、静岡本わさび

スポンサーリンク

玉露茶生産の本丸

新東名自動車道の藤枝岡部ICから朝比奈川に沿うように県道209号線を北に約6キロ。 山と田畑、そして茶畑が織りなす美しい景色の中に本駅「玉露の里」はある。 本駅が位置する旧岡部町(現藤枝市)の朝比奈地区は宇治(京都)、八女(福岡)と共に玉露茶の日本三大産地に数えられている地域。 高地に位置する朝比奈地区は夏の間も朝晩は涼しく、この気候がお茶の葉を柔らかくし、美味しいお茶を作ることを可能にしている。 その朝比奈地区にある本駅は玉露茶を満喫できる施設になっている。

物産館ではお茶がズラリ

本駅は県道209号線を挟んで東側と西側に2つのエリアに分かれている。 東側のエリアには物産館、レストラン、ふるさと世界の昆虫館があり、西側のエリアにはもう一つの物産館、茶室、日本庭園がある。 まずは物産館だが、東側のエリア、西側のエリアともにお茶販売が中心。 「朝比奈本玉露」を始めとして「岡部玉露」「玉露の里オリジナル茶」「やぶきた茶」「静岡牧之原煎茶」が販売されている。 価格は150g入りで1080円(玉露の里オリジナル茶の価格)と一般的な煎茶と比較すると少々高め。 それでも「本物のお茶」を求めて多くの客が買い求める。 お茶を使った特産品も種類豊富で「抹茶パイ」「抹茶あずき餅」「茶そば」「玉露ようかん」等が販売されている。 お茶よりも酒が好きという方は玉露を用いた酎ハイは如何だろうか。「玉露と抹茶の酎ハイ」や「濃いお茶割り(緑茶ハイ)」が販売されている。 一方、お茶以外の商品はとても少ない。静岡名物の「静岡本わさび」が目に付く程度である。

渋い「玉露ソフトクリーム」を販売

物産館で個人的におすすめしたい商品は「玉露ソフトクリーム」。 渋い玉露茶と甘いソフトクリームがミックスした、おそらく全国でここだけのソフトクリームである。 渋味と甘味が同居するこのソフトリームの気になる味だが、さすがに甘味の方が強い。 ただ、甘味の中でも玉露茶はしっかりと自己主張をしており、完食後は不思議とお茶を飲んだ後のような清々しさを感じる。 玉露ソフトは東西どちらの物産館でも販売している。西側エリアではバニラソフト、バニラ&玉露ミックスソフトも販売されている。

日本庭園を見ながら玉露茶を

西側エリアは京都の寺院を思わせるような立派な日本庭園がある。 木々と池を巧みに配置し、その中心には茶室の瓢月亭がある。 瓢月亭は入館料510円の有料施設。玉露茶と茶菓子が付いてくる。 本格的な茶室の他に大広間や腰かけ席があり、正座が苦手な方でもOK。 服装も自由ということもあり、連日、外国人を中心に多くの客を集めている。 東側エリアにはレストランがある。 レストランでは蕎麦メニューが中心で「ざるそば(600円)」「天ぷらそば(1000円)」「特製つけそば(800円)」等がある。 その他、「天丼(900円)」「カツカレー(900円)」や玉露スイーツ(玉露しるこ/玉露ソフトしるこ)を味わうことが出来る。

全国の昆虫好きが集まる施設

玉露尽くしの本駅だが、東側エリアの奥の方には玉露とは全く関係ない「ふるさと世界の昆虫館」という施設がある。 少し古びた木造の建物で外見は地味だが、この施設は全国の昆虫愛好家の間では有名な施設。 昆虫に興味のある方は絶対に立ち寄りたい施設である。 この施設は「ふるさと世界の昆虫館」を運営する館長が自ら集めた蝶、カミキリ、カブトムシ、クワガタ等のコレクションを展示する施設。 とにかく、その数が物凄い。中には大変貴重なコレクションも含まれているらしい。 館長の話も面白い。昆虫に関して全くの素人の人に対しても、色々と興味深い話を聞かせてもらうことが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

東側エリアの駅施設

東側エリアの駅施設。左側に物産館、右側にレストランが入っている。

西側エリアの駅施設

西側エリアの駅施設。手前にソフトクリーム売店、奥に物産館がある。

瓢月亭と日本庭園

西側エリアにある茶室「瓢月亭」と日本庭園

玉露の歴史文化園

日本庭園に併設する「玉露の歴史文化園」。ヤマツツジ(春)、ヤマユリ(夏)、キキョウ(秋)、ツバキ(冬)等、一年を通して花を観賞することが出来る。

玉露ソフトクリーム

玉露ソフトクリーム(350円)

ふるさと世界の昆虫館

東側エリアの奥にある「ふるさと世界の昆虫館」

ふるさと世界の昆虫館

ふるさと世界の昆虫館では世界の蝶、カブトムシなど数多くの昆虫を展示している。