AROUND JAPAN

(山梨県の道の駅 no.13)

道の駅 南きよさと

駅基本情報
駅名 南きよさと(みなみきよさと)
住所 山梨県北杜市高根町長沢760
駅名の由来 高原リゾート地の清里の南側に位置することより
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、花の森体験施設
特産品 八ヶ岳バタークッキー、八ヶ岳レアチーズケーキ、白桃シフォンケーキ、巨峰シフォンケーキ、柿の葉沢庵「村おこし」、野沢菜漬け、花豆の煮物

スポンサーリンク

鯉のぼりの里

本駅は山梨県北西部の旧高根町(現北杜市高根町)にある。 中央高速の須玉ICから国道141号線沿いに北に約10キロにあり、高原リゾート地の清里まであと5キロの位置で、 清里に向かうドライバーの貴重な休憩所になっている。 清里のハイシーズンはもちろん夏だが、本駅のハイシーズンは鯉のぼり季節の5月である。 約500匹の鯉のぼりが一列に泳ぐ姿は壮麗の一言に尽きるらしい。 残念ながら私自身はまだ本駅で鯉のぼりが泳ぐ姿を見たことが無いのだが、 本駅の従業員の誰に聞いても「絶対に凄い」と自信を持って言い切っているので、 多分、本当に凄いのだろう。次回は5月に本駅に訪れて見たいと思う。 さて、本駅の構成であるが山麓エリアと山頂エリアの2つのエリアに分かれている。 両エリアは往復310円のケーブルカー「こいのぼり号」で連絡している。

山麓エリアでは清里カレーがお勧め

まず山麓エリアの施設から紹介したい。 山麓エリアには物産館、農作物直売所、レストラン、信玄ソフトの売店がある。 物産館では八ヶ岳を冠した土産品が目につく。 八ヶ岳バタークッキー、八ヶ岳レアチーズケーキ、八ヶ岳チョコ&バタークッキー等の商品が揃っている。 山梨県の代表的な果物を用いた白桃シフォンケーキ、巨峰シフォンケーキも人気商品である。 漬物の販売コーナーもあり、柿の皮沢庵(商品名は「村おこし」)、野沢菜漬け、花豆の煮つけ等が販売されている。 その他、ほうとう、生そば等の麺類や林産物展示コーナーもある。 レストランでは「清里カレー」がお勧め。60年の歴史を持つ伝統のカレーで、清里高原産の食材が使われている。 特徴はカレーにブレンドされたミルクで、カレーの味をマイルドな味にしている。 一口目はマイルドな味で、徐々にカレーの辛味が現れるという感じである。 カレー以外では「とんかつ定食」「天ざるそば」「醤油ラーメン」「信玄ソフト」などのメニューがある。 信玄ソフトはかなりユニークで、信玄餅とソフトクリームが一体となった、甘党には嬉しいソフトクリームである。

山頂エリアは花のエリアと体験施設

山頂エリアの方は美しい花壇と様々な体験施設がある。 花の名前は良く分からないが、赤、青、黄色の鮮やかな花々は一見の価値ありである。 体験施設は「ブルーベリー摘み体験」「夏野菜収穫体験」「押し花作り体験」「ピザ作り体験(土日祝限定)」の4種類。 値段も700円~1000円でお手頃である。 なお、山頂エリアへはケーブルカーを使わずに歩いて登ることも可能。 およそ20分のハイキングコースになっている。 但し、ケーブルカーは片道切符は販売されておらず、歩いて登った場合は歩いて降りるか、 損を覚悟して往復切符を買う必要がある。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設遠景

駅施設遠景。左側の建物は山麓エリアの建物。写真では見えないが右上の方角に山頂エリアの施設がある。

こいのぼり号

山麓エリアと山頂エリアはケーブルカー「こいのぼり号」で結ばれている。

山頂エリアの花壇

山頂エリアは色々な花に彩られている。

山頂エリアの体験施設

山頂エリアの体験施設。4つの体験施設がある。

山頂エリアからの風景

山頂エリアから見る風景。天気が良ければ八ヶ岳、南アルプスの山々を見ることが出来る。

清里カレー

60年前にアメリカ人のポール・ラッシュ氏が収穫祭の際に振る舞ったのが起源とされる「清里カレー」