AROUND JAPAN

(山梨県の道の駅 no.03)

道の駅 なるさわ

駅基本情報
駅名 なるさわ
住所 山梨県南都留郡鳴沢村字ジラゴンノ8532-63
駅名の由来 村名より
施設 物産館、レストラン、富士山博物館、温泉(隣接施設)
特産品 ほうとう、よしだうどん、せんどそば、ブルーベリー

スポンサーリンク

風穴、氷穴、樹海…観光の中心地にある道の駅

中央高速道河口湖線終点の河口湖ICから国道139号線沿いに西に約8キロ、自然が各所に残る鳴沢村に本駅はある。 駅周辺には鳴沢氷穴、富岳風穴など、氷穴、風穴が多数存在し、特に夏の期間は多くの観光客を集める。 富士五湖の中で最も美しいと言われる西湖から約5キロ。 もちろん、直線距離で13キロの富士山の眺望も美しい。 観光の中心地にある道の駅だが、週末の混雑は覚悟する必要がある。 特に夏季は涼を求めて各地から多くの観光客が集まり、周辺道路も本駅も大変な混雑になる。 逆に言えば、多くの客を集めるだけの価値のある道の駅と言えるのだろう。

無料でいいの? 富士山博物館

駅施設は物産館、レストラン、富士山博物館から成る。 物産館では、ほうとう、よしだうどん等の山梨定番の特産品が数多く並ぶ。 富士山が世界遺産に登録された後は富士山を冠した土産品も数多く販売されるようになった。 レストランは小規模だが、ほうとう、よしだうどん等、山梨県のご当地料理を味わうことが出来る。 本駅で特筆すべき施設は富士山博物館。富士山のジオラマ展示や鉱石の展示が行われており、 入場無料で本当にいいの? と思ってしまうほど充実した施設である。

有料なの? ミツバツツジの遊歩道

本駅は日本では珍しいミツバツツジの群生地があり、4月には綺麗な花が咲く。 ミツバツツジは駅横の入場有料の遊歩道沿いで見ることが出来る。 ただ、この遊歩道、ツツジが咲く時期以外も有料なのは少々疑問。 遊歩道沿いには火山灰と氷が作る独特の地形「フリスター孔」があり、ツツジ以外にも見どころはあるのだが、 特にメンテナンスの必要がないフリスター孔の見学に入場料を取るのは如何なものかと感じてしまう。 ミツバツツジは入場料を払う価値はある見どころ十分なので、 4月に訪れて遊歩道を散策するのであれば十分に元は取れるのではないだろうか。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

物産館とレストランが入る駅施設

富士山博物館

入場無料の富士山博物館

駅から見る富士山

駅から見る富士山

ミツバツツジとフリスター孔が見られる遊歩道

ミツバツツジとフリスター孔が見られる遊歩道

よしだうどん

特産品のよしだうどん。生麺なのにゆで時間が15~20分もかかる。