AROUND JAPAN

(千葉県の道の駅 no.25)

道の駅 季楽里あさひ

駅基本情報
駅名 季楽里あさひ(きらりあさひ)
住所 千葉県旭市イの5238番地
駅名の由来 「季楽里」は市内公募により決定。 「野菜、肉、魚、花など様々な特産品が旭市にはあり、訪れる人が季節を問わず楽しむことができる」という意味より。 「あさひ」は市名の旭市より。
施設 物産館、農作物直売所、水産物直売所、パン工房、レストラン、軽食コーナー
特産品 あさピー焼、スムージー、下総佃煮店の佃煮各種、飯岡山一水産の魚の干物、釜揚げしらす、鯖寿司、落花生、イモ豚肉、 きらり米(コシヒカリ)、桃太郎トマト、トマトジュース、トマトジャム

スポンサーリンク

田畑の中にポツンと建つ駅施設

本駅「季楽里あさひ」は千葉県東部の旭市にある。 千葉県北部を東西に走る国道126号線を走った後、名も無き道路に入って約1キロ進んだ所に本駅はある。 本駅に到着して感じるのは大自然。周りは田畑に囲まれ背の高い建物は見当たらない。 地平線が見える…と言うと少々オーバーだが、田畑の中にポツンと建っている道の駅という印象だ。 ところで本駅沿道の「名も無き道路」であるが、実は建設中の国道126号線バイパスになる予定の道路。 現状の国道126号線は所々で渋滞が発生し、東京方面からのアクセスはかなり苦労するが、将来的には交通の便の良い道の駅になるはずである。 本駅は平成27年10月オープンの新しい道の駅。 道の駅激戦区と呼ばれる千葉県内でなぜか空白区の千葉県東部地区に初めて設置された道の駅である。 市の統計によるとオープンしてからの1ヶ月のレジ通過者は約6万人。 単純に掛け算すると年間で70万人を超えることになり、まずは順調な滑り出しと言えるだろう。

農作物と海産物が特産品

駅施設は物産館、農作物直売所、海産物直売所、レストラン、パン工房から成る構成。 農作物と海産物、どちらも豊富というのが旭市の特徴で、本駅でも数多くの農作物と海産物が販売されている。 まず、農作物で目につくのはトマトで、ブランドにもなっている「桃太郎トマト」や「トマトジュース」「トマトジャム」が販売されている。 地産の米「きらり米(コシヒカリ)」や千葉県定番の特産品の落花生も数多く販売されている。 海産物も負けておらず、飯岡山一水産の干物(さんま開き、スルメイカの一夜干し、サバのみりん干し等)、 下総佃煮店の魚貝類佃煮(子持ちワカサギ佃煮、小鮒佃煮、ワカサギ甘露煮、鮒の甘露煮等)、 その他にも銚子港水揚げのサバを用いた鯖寿司や釜揚げしらす等が販売されている。 珍しい商品としては「いも豚」と「クローバーきゅうり」。「イモ豚」はさつま芋をエサにして飼育した豚のことで口当たりの良さと甘さが特徴。 「クローバーきゅうり」は切り口が四つ葉のクローバーの形をしたキュウリ。 こちらは縁起物として人気になりそうだ。

あさピー焼きとスムージーは絶妙の組み合わせ

本駅の「食」の施設はレストランとパン工房が中心。 レストランは9時から10時30分まではモーニング(450円)、その他の時間は90分1500円のランチバイキングとなっている。 モーニングの時間帯は後述のパン工房のパンにゆで卵とサラダが付いたメニュー。 ランチバイキングでは新鮮野菜を始めとした旭市の特産品をふんだんに用いた料理を味わうことが出来る。 パン工房「グーチョキパン」は焼きたてのパンが自慢。ホテルブレッドやピザパンなどが販売されている。 もう一つ紹介したいのは「あさピー焼き&スムージー」の売店。 「あさピー焼き」は旭市のマスコットの「あさピー」を模った大判焼きのような食べ物。 食べるのがもったいないような可愛い形状が特徴である。 スムージーは凍らせた果物(又は野菜)をシャーベット状にした飲み物。 野菜たっぷりのグリーンスムージー、ベリー類を使ったミックスベリースムージー、その他マンゴーオレンジスムージーもある。 今回、私は朝食代わりにあさピー焼き(つぶあん)とミックスベリースムージーを注文。 あさピー焼きのつぶあんの甘味とミックスベリーの酸味のバランスが絶妙で、とても美味しかった。 皆さんにもお勧めしたい組み合わせである。


道の駅看板

道の駅看板

駅周辺の風景

駅周辺の風景。周りは田畑に囲まれている。

駅施設

駅施設。左側に農作物直売所と海産物直売所と物産館、中央付近にパン工房、右側にレストランがある。

レストラン

レストラン「四季食彩館」。旭市産の農作物、魚介類を用いた料理を味わうことが出来る。

パン工房

パン工房「ぐうちょきぱん」

あさピー焼きとスムージーの売店

あさピー焼きとスムージーの売店

あさピー焼き

見た目が可愛いあさピー焼き(150円)。つぶあん、白あん、クリームの3種類ある。

スムージー

ミックスベリースムージー(300円)。スムージーなのに何とホットもある。(写真はアイス)