AROUND JAPAN

(千葉県の道の駅 no.22)

道の駅 風和里しばやま

駅基本情報
駅名 風和里しばやま(ふわりしばやま)
住所 千葉県山武郡芝山町小池2568
駅名の由来 「風和里(ふわり)」は飛行機が飛び立つ様子を表したもの。成田国際飛行場の滑走路の一部が芝山町の町域にある。 また、芝山町をイメージさせる風、和、里の漢字を当てている。 「しばやま」は町名の芝山町より。
施設 物産館、農作物直売所、ソフトクリーム売店
特産品 力せんべい(塩あられ)、銚子電鉄のぬれ煎餅、落花生煎餅、落花生、しばやま米

スポンサーリンク

成田空港と共存する芝山町

本駅は千葉県北部の芝山町にある。 成田国際空港の滑走路の一部が芝山町にかかっており…と言ってもほんの一部なのだが…芝山町は飛行機に愛着を持つ街である。 その証拠に、まず駅名。「風和里(ふわり)」は正に飛行機が飛び立つ様子を表したものである。 芝山町のマスコットキャラクターも飛行機に対する愛着が見え隠れする。 名前は「しばっこくん」と少々味気ないが、その背中にはしっかりと飛行機の翼を背負っている。 本駅は芝山町のほぼ中心部にあり地元の買い物客を中心に多くの客を集めている。

力せんべい等、芝山町の特産品を販売

駅施設は物産館、農作物直売所、ソフトクリーム売店から成る。 各施設の規模は小さいが、芝山町の特産品が揃っている。 まず目につくのは「力せんべい」。その正体は塩あられである。 オリジナリティという点では「銚子電鉄のぬれ煎餅」。名の通り湿った煎餅だが、とても美味しい。 銚子市の特産品を約40キロ離れた本駅で特産品として販売するのは少々反則のような気がするが、 現状、銚子方面には道の駅は存在しないので、まあ良いのだろう。 房総半島の特産品の落花生を用いた「落花生せんべい」も特産品として販売されている。 農作物直売所では地産の米「しばやま米」が人気商品のようだ。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設

マスコット「しばっこくん」

町のマスコット「しばっこくん」。飛行機の翼を背負っている。

芝生公園

駅横には芝生公園がある