AROUND JAPAN

(千葉県の道の駅 no.13)

道の駅 ちくら・潮風王国

駅基本情報
駅名 ちくら・潮風王国(ちくら・しおかぜおうこく)
住所 千葉県南房総市千倉町千田1051
駅名の由来 「ちくら」は市町村合併前の旧町名の千倉町より。「潮風王国」は施設名称。
施設 物産館、海産物販売所、農作物直売所、雑貨店、アクセサリー販売店、レストラン、蕎麦処、喫茶店
特産品 サザエ、アワビ、房州海老、サザエカレー、サザエ釜飯の素、鯨カレー、鯨のたれ、魚の干物、潮風王国サブレ、 潮風王国まんじゅう、潮風せんべい、房総えびせんべい

スポンサーリンク

千倉近海の魚介類を販売

南房地区(房総半島南部)を海岸線沿いに走る国道410号線。 房総半島の南端の野島崎を過ぎて外房に入り約7キロ、太平洋が目の前に広がる旧千倉町(現南房総市千倉町)に本駅「ちくら・潮風王国」はある。 本駅は千田海岸沿いの芝生公園、花広場を兼備した道の駅。 千倉漁港直送の魚、雄大な太平洋の眺め、花摘みが人気の道の駅で、 特に花摘みの季節の1月から3月にかけてはとても多くの観光客が訪れる南房地区屈指の人気のスポットである。

海産物直売所の人気はサザエと干物類

本駅は大きな長方形の建物と丸い建物の2つの建物がある。 駅施設は多岐に渡り、長方形の建物の中に物産館、海産物直売所が2つ、カフェ、雑貨屋、アクセサリー、蕎麦処がある。 また丸い建物の中には海鮮レストランが入っている。 本駅の中心となる施設は海産物販売所。千倉漁港直送の鮮魚、干物、海産物加工品が販売されており、多くの観光客が群がる人気の施設である。 中でも人気なのがサザエの直売、1キロ(6~8個)で2000円で販売されている。 建物の中央部には生簀があり、生簀から取り出したばかりの新鮮な魚も販売されている。 干物類も人気。干物屋「利左エ門」ではスルメの一夜干し、さんまの丸干し等、漁協直営店の「海市場ちくら」では金目鯛の開き、しめ鯖等が販売されている。 その他「海市場ちくら」では海産物の加工品も数多く販売されており、 マグロの角煮、ノドグロ茶漬け、蒲鉾、青さ海苔、イカせんべい等も販売されている。 また、前述の「利左エ門」には鯨肉販売コーナーがあり、特に南房地区の郷土料理である「鯨のタレ」が大々的に販売されている。

物産館の人気はサザエカレー、サザエの釜飯

物産館「潮風プラザ」の人気はサザエの加工品。特に「サザエカレー」と「サザエ釜飯の素」は千倉土産の定番である。 本駅限定の「潮風王国サブレ」「潮風王国まんじゅう」も人気商品。潮風王国のエンブレムが商品一つ一つに刻印されている。 南房定番の土産品の「房総えびせんべい」「びわカレー」「千葉の恋人」「菜の花まんじゅう」等も販売されている。 その他の施設も簡単に紹介すると…雑貨屋「海猫堂」ではハーブティー、ハーブ水などハーブ関連の商品が人気、 アクセサリー「とんがり島」は「さかなキーホルダー」「さかなマグネット」など若い女性に喜ばれそうな可愛い商品が多数、 「散歩カフェ」ではバニラソフト、バターキャラメルソフト、挽きたてコーヒー等を味わうことが出来る。

レストランでは海鮮丼が人気

そして本駅を訪れる殆どの客のお目当ては千倉の海の幸を存分に味わうことが出来る海鮮レストラン。 色々な種類の海鮮丼を味わうことが出来る。 レストランのシンボルになっているのは「王様丼」。伊勢えび等の豪華食材が山盛りになっている。 贅沢という点では「大漁千倉丼」も双璧。マグロ、サーモンなど、10種以上の魚介類を盛った丼である。 寿司も人気で「千倉にぎり寿し」「大ネタ六貫寿し」などのメニューもある。 サザエつぼ焼き、カニ汁等もサービス価格で味わうことが出来る。 海藻つなぎを用いた蕎麦処「和らぎ」は蕎麦と定食類を提供。 「カキフライ定食」「マグロの漬け丼」「アジフライ定食」が人気のようだ。

公園では第一千倉丸を公開

駅施設を出ると大きな芝生公園が現れる。 公園の一角には池があり、池の中に昭和30~40年代に活躍した第一千倉丸が展示されている。 また、芝生公園から見る千倉海岸の景色も本駅の見所の一つ。 特に朝方は朝日に照らされてキラキラ光る海の景色を見ることが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

海産物直売所等が入る建物

海産物直売所等が入る建物

海産物直売所

海産物直売所。真ん中に生簀、周りに海産物直売所、物産館等がある。

生簀販売

生簀にはマダイ、スズキ、メジナ等が泳いでいる。

干物販売

海産物直売所では干物を販売。写真はサバの干物。

サザエ釜飯の素

物産館の人気商品の「サザエ釜飯の素」

海鮮レストラン「はな房」

海鮮レストラン「はな房」。料理はもちろん、眺望も抜群である。

海鮮丼各種

海鮮レストランはテレビ番組でも取り上げられたことがある

第一千倉丸

芝生公園の一角で第一千倉丸が展示されている。デッキまでは入ることが出来る。

千田海岸

芝生公園から見る千田海岸の景色も本駅の魅力の一つ