AROUND JAPAN

(千葉県の道の駅 no.08)

道の駅 しょうなん

駅基本情報
駅名 しょうなん
住所 千葉県柏市箕輪新田59-2
駅名の由来 市町村合併前の旧町名の沼南町より
施設 農作物直売所、レストラン、近隣に温泉施設あり
特産品 カブ、トマト、地産の米(こしひかり、ミルキークィーン)

スポンサーリンク

手賀沼の美しい風景を楽しむ

東京都心から約30キロ。千葉県北西部の旧沼南町(現柏市)に本駅はある。 東京都心の外側を循環する国道16号線から少し外側、千葉県を代表する湖沼(面積は県内で第2位)の手賀沼の畔に位置している。 手賀沼ではボート遊びが可能。また手賀沼沿いにはサイクリングロードも完備されている。 ボート乗り場は本駅のすぐそば。またレンタサイクルのサービスも行っており、家族連れで1日楽しむことが出来る道の駅である。

夜間まで営業しているレストランと温泉施設

駅施設は農作物直売所とレストランから成る。また道の駅施設ではないものの、道を隔ててすぐそばに日帰り温泉施設がある。 営業時間が長いことが特徴で、レストランは朝8時から夜9時まで。温泉施設は朝9時から深夜0時まで営業している。 公式には推奨されていないが車中泊にとても便利な道の駅である。 各施設についてであるが、2015年の訪問時は農作物直売所は残念ながら定休日と重なったため詳細は不明。 2007年に本駅を訪れた時は農作物直売所は大変な混雑だったが、おそらく混雑具合は今も変わらないだろう。 レストランは中華料理や焼き立てパンが中心メニュー。手賀沼を眺めながらゆっくりと食事を楽しむことが出来る。

かぶソフトクリームにびっくり

さて、本駅レストランの変わり種メニューはソフトクリーム。 柏市の特産品のイチゴ、トマト、カブをミックスしたソフトクリームが販売されている。 まあ、イチゴは全国各地どこにでもある。トマトもたまに見かける。 しかしカブをブレンドしたカブソフトクリームは初めて見た。 試しに食べてみると…見た目は普通。ソフトクリームに緑の粉末がかかっている。この緑の粉末がカブらしい。 緑の粉末だけ食べてみると、コーヒーに入れる粉末クリープのような味である。 カブってこんな味だっけ? ソフトクリームと一緒に食べるとまろやかな味になり、普通に美味しかった。 ちなみに、ここのソフトクリームは口に入れるとすぐ溶ける小さな氷の粒が入っていて、シャリシャリとした食感がとても良い。 カブソフトでなくても、例えばイチゴソフトでも「ここならでは」の味を楽しむことが出来るだろう。


道の駅看板

道の駅看板

水鳥をイメージした駅施設

水鳥をイメージした駅施設

レストラン

手賀沼の景色を楽しむことが出来るレストラン

温泉施設

道を隔てたところに温泉施設「満天の湯」がある

手賀沼と手賀大橋

手賀沼と手賀大橋。手賀沼ではボート遊びが可能である。

コブハクチョウ

本駅のシンボル、コブハクチョウがいる。

カブソフトクリーム

柏市の特産品のカブをミックスしたカブソフトクリーム。緑の粉末がカブらしい。