AROUND JAPAN

(栃木県の道の駅 no.13)

道の駅 みかも

駅基本情報
駅名 みかも
住所 栃木県栃木市藤岡町太田和678
駅名の由来 駅の北側にある三毳(みかも)山より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 とちおとめ、藁入り納豆「ふくふく」「那須の郷」、みかも味噌、原田製麺のうどん、小暮菓子店の餅(草餅、柏餅、あんころ餅、かき餅)、 銘菓「みかもの月」、とちおとめシフォンケーキ、いちごどら焼き、藤岡せんべい、芋フライ

スポンサーリンク

みかも山ハイキングの拠点

東北自動車道の佐野藤岡ICから国道50号線沿いに東に約1キロ、栃木県南部の旧藤岡町(現栃木市藤岡町)に本駅「みかも」はある。 駅名は本駅の北側にある三毳(みかも)山から名付けたもの。 万葉集にも登場する山で三毳山周辺は「万葉の里」とも呼ばれている。 また、三毳山は栃木県民には馴染みのハイキングコース。 本駅の駐車場、或いはみかも山公園に車を止めて山頂を目指す人も多い。 但し、三毳山は標高こそ229mと低いが、南北に3.5kmもある細長い形状をしており、頂上に向かうにはかなりの距離を歩く必要がある。 途中には「関東の富士見百景」にも選定されている「富士見台」、遊具施設が揃った「わんぱく広場」もあり、老若男女に親しまれている。

一束1200円のわら納豆を販売

近年の道の駅、特に関東地方の道の駅は大規模化がトレンドだが、本駅は道の駅としてはあまり大きくない。 小規模と中規模の間くらいの駅施設といったところだろうか。但し、沿道の国道50号線は交通量が激しく、規模の割には多くの客を集める道の駅である。 駅施設は物産館、農作物直売所、レストランがあり、道の駅としては標準的な施設構成である。 まず物産館で目に付くのは一つ1200円もする、わら入り納豆の「ふくふく」と「那須の郷」。栃木県産の有機大豆から吟醸した最高級納豆である。 また、「麺-1グランプリ」で優勝した原田製麺のうどんも大々的に販売されている。 地元菓子メーカー小暮菓子店の餅菓子も人気の商品で「草餅」「柏餅」「あんころ餅」「かき餅」が販売されている。 また、栃木と言えばイチゴの「とちおとめ」。 「とちおとめ」を使用した「とちおとめシフォンケーキ」「とちおとめイチゴチョコクランチ」もある。 また、忘れてならないのは銘菓「みかもの月」。 中に入ったカスタードクリームが見事にみかも山に沈む月を模っている。 惣菜コーナーも充実しており「鳥そぼろ弁当」「チキン南蛮弁当」「助六寿司」「太巻」等がある。 これらの惣菜はハイキング客に大人気のようだ。

レストランではハヤシライスが人気メニュー

物産館以外の施設も簡単に紹介したい。 まず、農作物直売所では地産の旧藤岡町の野菜、果物を多数販売。 特に「とちおとめ」は冬から春にかけて数多く店頭に並んでいる。 また、「レストランみかも」は最近リニューアルされた施設。 一番人気のメニューはハヤシライス(880円)だそうだ。 その他「海と森のリゾット(980円)」「ふわっとオムライス(880円)」「特上カツカレー(980円)」「佐野ラーメンセット(980円)」 「から揚げ南蛮セット(850円)」等、様々なメニューが揃っている。 レストランの横には喫茶コーナーがあり、ここでは生クリームを25%配合した生クリームソフト「CREMIA(クレミア)」を味わう事ができる。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

三毳山の山肌を模した駅施設

レストラン

レストラン「みかも」

無料休憩施設「みかも亭」

無料休憩施設の「みかも亭」。物産館で購入した惣菜をここで食べる事が出来る。

ミニ谷中湖

駅横にはハート形をした町内の渡良瀬遊水地(谷中湖)を模した池がある

わら納豆「ふくふく」「那須の郷」

1個(300g)で1200円もする高級納豆「ふくふく」と「那須の郷」が販売されている

喫茶コーナー

喫茶コーナーでは生クリームソフト「CREMIA」が販売されている

みかも山ハイキングコース

駅の北側にあるみかも山公園に車を止めて、みかも山ハイキングへ向かう

富士見台

関東の富士見百景に指定されている富士見台

富士見台から見た景色

富士見台から見た景色。視界の関係で富士山は見えなかったが、それでも中々の景色。