AROUND JAPAN

(山形県の道の駅 no.20)

道の駅 川のみなと長井

駅基本情報
駅名 川のみなと長井(かわのみなとながい)
住所 山形県長井市東町2-50
駅名の由来 駅名は公募により決定。長井市は最上川舟運の港町として栄えてきた商人の町で、 駅名は最上川を中心に発展してきた町の成り立ちを表現している。
施設 物産館、農作物直売所、軽食コーナー
特産品 競技用けん玉、あやめかりんとう、つむぎかりんとう、そば粉かりんとう、高畠ファームのドレッシング、 高畠ファームのジャム、長井市の地酒「惣邑(そうむら)」、惣邑の酒ケーキ、リンゴジュース、ラフランスジュース、 芋煮、芋煮カレーうどん、ブランドォレのチョコラスク、佐藤錦ポッキー

スポンサーリンク

街中の道の駅

東北中央自動車道(米沢南陽道路)の南陽高畠ICから国道113号線、国道287号線を通って北西に18キロ、 山形県南部の長井市に本駅「川のみなと長井」はある。 長井市は人口約2万人、人口密度は1平方キロメートル辺り126人。 人口密度だけを見ると長閑な田舎町に見えるが、実際は最上川沿いの狭い平野部分に約2万人の人口が集中しており、 市の中心部は大都市のような雰囲気がある。 本駅は2016年秋に道の駅登録、2017年4月にオープンした新しい道の駅。 長井市役所のすぐ近くの街中にある道の駅である。 ただ、街中の道の駅の割には混雑していない印象。 来客者数等の正式な情報を得ていないので断言は避けるが、 私が訪れたのは平日と言えども客が一番集まりやすい正午頃にも関わらず、客はまばらで駐車場はガラガラだった。 もしかしたら駅周辺の民業の店舗に配慮して、農作物等の商品数を抑えて本駅に客が集中することを避けているのかも知れない。

売り上げNo.1は何と「けん玉」

本駅は物産館、農作物直売所、軽食堂から成る施設構成。 物産館では長井市、及び周辺市町村の特産品を販売している。 物産館の売り上げNo.1は何と「けん玉」。 競技用けん玉の品質日本一に認定されている山形工房が市内にあり、 本駅にも2268円の一般用から9180円の大玉けん玉まで様々な種類のけん玉が販売されている。 それにしてもけん玉は一人が年に何個も買うような商品ではないのに、食品関係を抑えてNo.1になるのは驚き。 おそらく全国の道の駅で工芸品が売り上げNo.1になっているのは本駅だけだろう。 ところで、本駅にはけん玉に関するユニークなイベントがある。 それは「けん玉チャレンジ」。受付カウンターで剣先(尖っている部分)に3回連続で入れると50円分の商品割引券がもらえる。 もちろんチャレンジのための料金は発生しない。 けん玉が得意な方はチャレンジしてみては如何だろうか。

かりんとう、地酒が人気商品

けん玉以外の商品では「かりんとう」が人気。「あやめかりんとう」「つむぎかりんとう」 「そば粉かりんとう」が販売されているが、「あやめかりんとう」は本駅の売り上げNo.2に輝いている。 長井市の地酒「惣邑(そうむら)」も人気の商品。「惣邑の酒ケーキ」も販売されている。 長井市に店を構える有名パティシエ、小松龍侍氏のチョコラスクも人気の商品。 物産館の入り口付近で大々的に販売されている。 その他では隣町の高畠町にある高畠ファームの商品もある。 高畠ファームのドレッシングは「サクランボ」「ツナマヨネーズ」など12種類、 ジャムは「サクランボ」「いちご」「ブルーベリー」等こちらも12種類販売されている。 また、長井市は「芋煮のまち」としても有名。レトルトの「芋煮セット」や「芋煮カレーうどん」が販売されている。 また、秋から冬にかけて本駅で芋煮のイベントもあるそうだ。

軽食堂では米沢牛ステーキなど

本駅の「食」の施設は観光案内所の奥にある軽食堂がある。 座席数は10席程度なので敢えて「軽食堂」と記したが、メニューの内容は軽食堂と言っては失礼なほどの豪勢なもの。 長井市ならではの食事を味わうことが出来る。 注目メニューは「米沢牛極みステーキ丼(4000円)」。 高級ブランドの米沢牛がたっぷり入った贅沢な料理で「肉本来の味と脂肪が溶け合って最高の旨味に変わる」らしい。 「日本一けん玉カレー(980円)」はけん玉の形をご飯で、 ご飯の横にブラックカレーとレッドカレーを配した視覚的に楽しいメニュー。 剣先の部分には長井名物の「さくらメンチボール」が刺さっているという細かい演出もある。 その他にも長井名物「馬肉らーめんパスタ(800円)」「長井ブラックラーメン(850円)」、 長井市の季節の野菜9種類を盛りつけした「長井パレード9種盛コンボカレー付き(1000円:10食限定)」等を味わうことが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。左側にまちづくり紹介コーナーとレストラン、中央に観光案内所と物産館、右に農作物直売所がある。

けん玉チャレンジ

観光案内所の前で剣先に3回連続で入れることが出来たら、50円分の商品割引券をゲットできる。

物産館

明るい雰囲気の物産館

けん玉販売

物産館の売り上げNo.1は「けん玉」。競技用、福祉用、装飾用など様々なけん玉が販売されている。

おばけかぼちゃ

市内の農家で採れた208kgと103kgのおばけかぼちゃ