AROUND JAPAN

(山形県の道の駅 no.17)

道の駅 白鷹ヤナ公園

駅基本情報
駅名 白鷹ヤナ公園(しらたかヤナこうえん)
住所 山形県西置賜郡白鷹町大字下山661-1
駅名の由来 「白鷹」は町名より。「ヤナ」とは川を遡上する鮎を捕えるための仕掛けで本駅の横に設置されている。
施設 物産館、レストラン、鮎塩焼きの出店
特産品 鮎の塩焼き、鮎の甘露煮、子持ち鮎の甘露煮、あけび最中、やまりまんじゅう、白鷹揚げまんじゅう、白鷹鮎サブレ、 白鷹トマトカステラ、デカ金つば、鮎チップス、黒ゴマきな粉、白鷹紬(つむぎ)

スポンサーリンク

日本最大級の常設観光ヤナ場

 東北中央自動車道の南陽高畠ICから国道113号線、途中から国道287号線に入って合計で北西に33km、 山形県南東部の白鷹町に本駅「白鷹ヤナ公園」はある。 白鷹町は人口減少が続いているものの、約1万3千人が暮らす町。 決して過疎の町ではないが、本駅周辺は市街地から離れた場所にあり、森林や田畑が目立つ環境。 駅横は最上川が流れ、自然豊かな立地にある。
 そんな本駅の特徴は日本最大級の常設の観光ヤナ場。 言葉で説明するよりも写真を見て頂ければ一目瞭然だが、ヤナとは川を遡上する鮎を捕らえる仕掛けのこと。 仕掛けの幅は約10m(私の目測)もあり、常設の観光ヤナ場としては日本最大級と言われている。 ヤナ場に入ることが出来るのも本駅の特徴。 運の悪い私は既に動かなくなった鮎1匹しか見ることが出来なかったが、 運の良い方は鮎が仕掛けに掛かる瞬間や、複数の鮎がヤナ場で元気よく跳ね回る姿を見ることが出来るだろう。 なお、観光ヤナの見学期間は4月から11月まで。 冬の間はヤナ場は見学できないものの、鮎茶屋の冬の風物詩の「寒干し鮎(かんざらしあゆ)」「おきたま雛回廊」 「しらたかそば祭り」等、別の楽しみがある。

まずは名物の鮎塩焼きを

 本駅は物産館、レストラン、鮎塩焼き出店から成る施設構成。 本駅を訪れたからには、まずはヤナ場の横にある鮎塩焼きの出店に立ち寄り、名物の鮎の塩焼きを味わいたい。 炭火の遠火によってじっくりと焼かれた鮎は、塩焼きなのに身には甘味を感じる。 岩塩で味付けされた皮にくるんで食べると一層おいしい。 この焼き立ての鮎を500円で味わうことが出来るのは嬉しい限りである。
 一方、本駅の物産館の名物は鮎の塩焼きではなく「鮎の甘露煮」。 こちらも鮎の旨味が詰まっており中々の味である。 鮎の甘露煮は保存が効くので、自宅まで持ち帰り、ご飯と一緒に味わいたい。 鮎の甘露煮は大サイズ(3本入り)は1080円、小サイズ(3本入り)は750円。 更に美味しい「子持ち鮎の甘露煮」は2本入り870円で販売されている。 また、鮎の風味が香ばしい「鮎チップス」も人気になっている。
 レストランでも鮎は人気のメニュー。 一番人気の「鮎定食(1980円)」は鮎塩焼き、鮎甘露煮、鮎ごはんを味わう鮎尽くしのメニュー。 親鮎が丸ごと一匹入った「あゆそば(1180円)」、その他「鮎蒲焼丼(1700円)」「小鮎唐揚げ丼(670円)」も人気のメニューである。

白鷹銘菓も販売

 鮎が目立つ本駅だが、鮎以外の特産品も数多く販売。 物産館で目に付くのは白鷹銘菓コーナー。 特に白鷹町の老舗菓子店「やまり菓子舗」の「やまりまんじゅう」は土産品として人気の商品。 大きな饅頭の中に「これでもか」と言うくらいの餡が詰まったボリュームのある饅頭。 第16回全国菓子大博覧会で金賞を受賞した銘菓である。 「あけび最中」も白鷹町を代表する銘菓。最中の中に小豆ベースの白餡がたっぷり詰まった、こちらもボリューム満点の菓子である。 「でか金つば」も商品名の通りびっくりするくらいの大きさが特徴。 鮎を模った「鮎サブレ」や黒糖入りのげんこつ飴の「黒ゴマきな粉」も販売されている。
 レストランも鮎以外のメニューは豊富。地産の「しらたかそば」を用いた「ざるそば(670円)」「天ざるそば(1280円)」のほか、 「かつ定食(1400円)」「海老フライ定食(1400円)」「天ぷら定食(1480円)」等の定食メニューも揃っている。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。右が物産館「あゆとぴあ」、左がレストラン「あゆ茶屋」。

鮎塩焼きの出店

少し奥に入ったヤナ場横にある鮎塩焼きの出店。鮎塩焼きは500円、子持ち鮎塩焼きは650円。 豆腐田楽(250円)、ソフトクリーム(300円)も味わうことが出来る。

ヤナ場に向かう階段

ヤナ場に向かう階段

日本一のヤナ場

常設では日本一と言われているヤナ場

ヤナに掛かった鮎

私が訪れた時はヤナに掛かった鮎は1匹だけ

ヤナ場にかかる鮎

運が良ければこんな光景を見ることが出来る(観光案内版の写真より)

鮎焼の風景

炭火の遠火でジックリと焼かれる鮎の塩焼き(店の方の許可を得て撮影しました)

鮎の塩焼き

出店で食べた鮎の塩焼き

子持ち鮎の甘露煮

物産館で販売されている子持ち鮎の甘露煮。こちらもとても美味しい。