AROUND JAPAN

(山形県の道の駅 no.15)

道の駅 天童温泉

駅基本情報
駅名 天童温泉(てんどうおんせん)
住所 山形県天童市鍬ノ町2-3-41
駅名の由来 近隣の温泉名称より
施設 物産館、農作物直売所、フードコーナー、足湯施設、観光案内所
特産品 王将最中、さくらんぼシロップ漬け「山形さくらんぼきらら」、ラフランスシロップ漬け「山形ラフランスきらら」、 さくらんぼタルト、チェリーゼリー、ラフランス・ラスク、ラフランス・プリン、おしどりミルクケーキ、 だだ茶豆ポテトチップ、地産の米「王将一膳」、肉そば、芋煮会の芋煮

スポンサーリンク

温泉と将棋の町

東北中央自動車道の天童ICから県道23号線、途中から県道13号線を東に合計4km、山形県東部の天童市に本駅「天童温泉」はある。 一般的に道の駅は土地の安い市街地の外れに建設するものだが、本駅が位置している場所は人口6万2千人の天童市の中心街。 駅周辺は商店や住宅が立ち並んでおり、一見、道の駅らしくない雰囲気が漂っている。 さて、天童市で有名なものと言えば本駅の駅名にもなっている「天童温泉」。 1912年に開湯した県内最大規模の温泉で、泉質は硫酸塩泉、切り傷や火傷などに効用があるとされている。 本駅に入浴施設は無いものの(足湯は存在)、本駅の近くには立ち寄り湯可能な温泉施設が多数。 料金は100円~1500円と幅広く、ちょっとした入浴から本格的な湯治まで、様々な湯を楽しむことが出来る。 もう一つ、天童市で有名なものは「将棋」。 将棋駒の生産のシェアが95%を誇る将棋のまちで、市内には将棋博物館など将棋に関する展示が多数。 本駅近くの公園の遊歩道沿いには詰将棋の問題が書かれたプレートがあり、頭の体操になりそうだ。 本駅を訪れた際は、道の駅だけではなく、是非、温泉や将棋に関しても楽しみたい。

さくらんぼとラフランスが人気

本駅は物産館、農作物直売所、フードコーナー、足湯施設、観光案内所から成る施設構成。 まずは本駅のメイン施設となる物産館から紹介したい。 物産館で人気の商品は山形名物の「さくらんぼ」と「ラフランス」を使った特産品。 さくらんぼとラフランスそのものは旬の時期しか販売されないが、これらを使った加工品は年間を通して販売されている。 本駅の一押し商品は「きらら」名付けられたシロップ漬けの甘い菓子。 「山形さくらんぼきらら」と「山形ラフランスきらら」は観光客の人気商品になっている。 その他にも「さくらんぼタルト」「さくらんぼゼリー」 「ラフランス・ラスク」「ラフランス・プリン」などさくらんぼ、ラフランス関連の商品は多数販売されている。 SNS映えしそうなのは大きな王将の文字が入った将棋の駒の形状の「王将最中」。 餡がたくさん入っており、最中としての質もかなり高い。 山形県民以外の方は山形ローカルの味を楽しむのは如何だろうか。 なぜか山形で人気の「おしどりミルクケーキ」、山形の郷土料理の「いも煮」「肉そば」も販売されている。 物産館の奥にあるフードコーナーは麺類が中心のメニュー。 長い木箱に盛りつけられた山形名物の「板そば」も味わうことが出来る。

「ゆぴあ」で温泉と食事を楽しむ

さて、天童市まで来たからには温泉。 本駅の観光案内所で公衆浴場の情報を仕入れたい…、と言いたいところだが、観光案内所の温泉情報には注意が必要。 実は観光案内所では駅の近くにある公衆浴場「ふれあい荘」は紹介されず、 本駅から7kmも離れ、源泉も天童温泉とは異なる公衆浴場「天童最上川温泉ゆぴあ」の案内を受けることになる。 どうやら「ふれあい荘」は市民の憩いの場という位置づけであり、観光案内所では「ふれあい荘」の案内は行わない方針のようだ。 観光客の利用が禁止されている訳ではないので、 「ふれあい荘」 を利用して天童温泉独特の硫酸塩泉を味わいたいのであれば、自力で情報を入手する必要がある。 ただ、観光案内所で紹介される「天童最上川温泉ゆぴあ」も、それはそれで素晴らしい温泉施設。 温度が異なる2つの源泉から湯を引いており、熱めの湯、温めの湯の2つの湯を堪能できる。 また、露天風呂は広々としており、寝湯、掛け湯、サウナ等の多彩な風呂を楽しむことも出来る。 これだけの素晴らしい温泉なのに利用料金はたったの300円。 東京、大阪などの都会では考えられない料金設定である。 「ゆぴあ」に併設されたレストランも山形ならではのメニューがたくさん。 特に「何でも冷やす」と言われる県民性が如実に表れた山形発祥の「冷やしラーメン(750円)」は一度は味わってみたいメニュー。 盛岡冷麺とは異なるあっさりスープと柔らかい麺が何とも食欲をそそる。 その他にも「冷やし肉そば(680円)」「庄内とんかつ定食(880円)」「庄内豚生姜焼き定食(880円)」 「地元産野菜和風パスタ(750円)」等、ご当地料理を味わうことが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

もりーな天童

木造の建物「もりーな天童」。中に観光案内所がある。

物産館とフードコーナー

物産館とフードコーナーが入る建物

駒の湯

足湯施設「駒の湯」。形状が将棋の駒のような五角形になっている。

王将最中

天童銘菓の「王将最中」。5個入り648円。

おしどりミルクケーキ

なぜか山形で人気の「おしどりミルクケーキ(216円)」。噛むと口の中で砕け散るような食感が斬新。

噴水公園

駅に併設されている噴水公園

詰将棋

公園に設置されている詰将棋のプレート(2014年撮影)。7冠の羽生善治先生の作品。 私は5年かけてやっと正解に辿り着いた。正解手順はこちら

天童最上川温泉ゆぴあ

観光案内所で紹介される「天童最上川温泉ゆぴあ」。道の駅からは約7km。

冷やしラーメン

山形県発祥の「冷やしラーメン(750円)」。写真でみれば普通のラーメンだが、キンとするくらい冷たい。