AROUND JAPAN

(山形県の道の駅 no.09)

道の駅 鳥海

駅基本情報
駅名 鳥海(ちょうかい)
住所 山形県飽海郡遊佐町菅里菅野308-1
駅名の由来 遊佐町にある鳥海山より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 ただ茶豆、岩牡蠣、いくら丼、銀かれい焼き

スポンサーリンク

祝! 初代東北道の駅大賞を受賞

山形県の日本海側の最北端の遊佐町に本駅「鳥海」はある。 東北地方の日本海岸沿いを走る国道7号線沿いに位置する本駅は、物産館等の商業施設が集まる「森のエリア」と、 宿泊施設等がある「海のエリア」に分かれている。 客足の中心は「森のエリア」の方で、「客が多い」程度の表現では収まらない程の数多くの客が集まる人気駅。 2014年度の「東北道の駅大賞」に見事輝いている。 最寄りのインターチェンジは日本海東北自動車道の酒田みなとICで、そこから国道7号線沿いに北に約13キロの位置にある。

いくら丼、ただ茶豆で駅は大賑わい

本駅の施設は物産館、農作物直売所、レストランから成る。 物産館では遊佐町の特産品である「ただ茶豆」関連商品の「ただ茶豆サブレ」「ただ茶焼き」が目についた。 旬の時期の8月には農作物直売所にもただ茶豆が並ぶらしい。 また、漁港に近い本駅は海産物も特産品。 特にご飯が見えない位に盛られた「いくら丼」は本駅の人気商品で、多くの人がいくら丼を求めて行列を作っていた。 秘伝のたれで焼いた「銀かれい焼き」も人気である。 その他、出店もあり、岩牡蠣、焼き魚、タコの姿焼き等の販売も行われている。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設「ふらっと」

駅施設「ふらっと」。物産館、農作物直売所、レストランがある。

案内板

案内板に示されている通り、海のエリアと森のエリアは離れている。