AROUND JAPAN

(山形県の道の駅 no.03)

道の駅 寒河江

駅基本情報
駅名 寒河江(さがえ)
住所 山形県寒河江市大字八鍬字川原919-6
駅名の由来 市名より
施設 物産館、レストラン、トルコ館
特産品 さくらんぼ、ラ・フランス、トルコアイス「どんとるまん」、寒河江そば

スポンサーリンク

東北一の規模のさくらんぼのテーマパーク

本駅は山形県のほぼ真ん中の寒河江市にある。 山形県はさくらんぼの生産地として有名であるが、寒河江市は山形県内で最もさくらんぼ生産量が多い町であり、 真の意味での「さくらんぼ日本一」の町である。 その寒河江市にあるのがさくらんぼをモチーフとしたテーマパーク「チェリーランド」。 テーマパークとしては東北一の規模らしい。 そのテーマパークが1993年に道の駅として登録され、現在でも東北地方最大級の規模の道の駅になっている。 アクセス方法としては山形自動車道の寒河江ICから国道112号線沿いに北西に約5キロ。 駅は寒河江川沿いの自然豊かな場所にあり、河川敷公園も備えている。 河川敷公園ではテニス、ゲートボール、グランドゴルフ、バーベキュー等を楽しむことが可能で市民の憩いの広場にもなっている。

デパ地下のような物産館

東北地方最大級の道の駅である本駅は駅施設が多彩である。 物産品販売所とレストランがある「チェリーサンドさがえ」、 観光案内所と手作りアイス販売を行う「さくらんぼ会館」、 トルコ文化の紹介とトルコ物産品を販売する「トルコ館」、 その他「チェリードーム」「国際チェリーパーク」「親水公園」「河川敷公園」がある。 特に来場者を驚かせるのは「チェリーランドさがえ」の物産品販売コーナーで テナント店が並ぶ様子はまるで東京や大阪などの大都市のデパ地下のような賑わいである。 主に販売されているのは特産品であるさくらんぼ及びラ・フランスの加工品。 これらの特産品を用いた土産品が数多く販売されている。

さくらんぼ会館のアイスは行列が出来る

さくらんぼ会館で販売されているアイスも人気の商品で、週末には行列が出来るほどである。 ここのアイスはさくらんぼ、ラ・フランス、バニラ等、10以上の素材の中から2つのアイスを選択することが可能。 アイスウェハに希望の2つのアイスを詰めてもらうことが出来る。 アイスと言えばトルコ館で販売されているトルコアイスも見逃せない。 どこまでも伸びるというトルコアイス「どんどるまん」が館内で販売されている。 ちなみに寒河江市はトルコのさくらんぼの産地のギレンス市と姉妹都市関係であることから本駅にトルコ館が設置されたそうだ。 レストランも大規模でメニューも豊富。寒河江市ならではの食べ物の寒河江そばが人気メニューのようだ。


道の駅看板

道の駅看板

チェリーランドさがえ

チェリーランドさがえ。物産館、レストランが入る。

物産館

チェリーランドさがえ内の物産館はまるでデパ地下のように多数の店舗が並ぶ

さくらんぼ会館で販売されているアイス

さくらんぼ会館で販売されているアイス。2種類のアイスを自由に組み合わせることが出来る。 私は「さくらんぼ」(右下)と「ラ・フランスミルク」(左上)を選択。

トルコ館

トルコ館内ではトルコの伝統的工芸品を展示している。

伸びるアイス「どんどるまん」

トルコ館で販売されている「伸びるアイス」こと、「どんどるまんアイス」。