AROUND JAPAN

(宮城県の道の駅 no.13)

道の駅 三滝堂

駅基本情報
駅名 三滝堂(みたきどう)
住所 宮城県登米市東和町米谷字福平191-1
駅名の由来 本駅の近くにある観光地の名称より。三滝堂は渓流が美しい景勝地である。駅名は公募により決定した。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、コンビニエンスストア、売店
特産品 万能和風だし「人は登米のだし」、登米のだし煎餅、地酒「澤乃泉」、澤乃泉サイダー、 あぶら麩、あぶら麩丼、気仙沼イカ煎餅、気仙沼ホルモン、ずんだシェイクアイス、菅原屋の鶏飯、 海老喜の醤油まころん、鹿ヶ城かわら煎餅

スポンサーリンク

市内5つ目の道の駅

宮城県の仙台市から青森県の八戸市まで全長359kmを繋ぐ三陸沿岸自動車道。 東日本大震災からの復興道路と位置付けさけているこの高速道路は2018年11月時点で約60%の216kmが供用済み、 2020年度までには全長の90%の328kmが開通する予定になっている。 三陸沿岸自動車道の整備に伴い各自治体で幾つかの道の駅設置が計画されているが、 本駅はその先駆けとして2017年4月にオープンした道の駅。 三陸沿岸自動車道から直接アクセス可能で高速道路のサービスエリア的な存在になっている。 本駅が位置するのは宮城県北東部の登米市。 実は登米市には本駅オープン前に既に4つの道の駅が存在しており、本駅は市内5つ目の道の駅。 2018年春の時点では宮城県内の道の駅は13駅だが、登米市だけで県内の1/3以上の道の駅が存在することになる。 実は登米市には年間274万人の観光客が訪れているが、その約半数は道の駅を訪れる観光客。 登米市にとって道の駅は観光客誘致のために絶対必要な存在で、 道の駅を起点として市内の観光地を巡回してもらうことを観光戦略の柱に据えている。 本駅は名勝「三滝堂」の観光拠点となる道の駅。 北上川の支流の大関川にある三滝堂は渓流の美しさと小鳥のさえずりが特徴。 併設の「三滝堂ふれあい公園」では山の斜面を利用したフィールドアスレチックを楽しむことが出来る。

万能ダシと地酒サイダー

本駅は物産館、農作物直売所、レストラン、コンビニエンスストアから成る道の駅。 各々の施設は小さく、高速道路直結の道の駅としては小規模と言えるだろう。 物産館では登米市ならではの商品がいくつかある。 その一つが万能だしの「人は登米のだし」。 ベースとなる焼津産鰹節に登米産の原木椎茸と三陸産真昆布をブレンドした出汁である。 実際に私も試飲してみたが、とても上品な味。 海産物から染み出す潮の味と椎茸から染み出す山の味がうまい具合にブレンドされている。 この出汁を使った煎餅「登米のだし煎餅」も販売されている。 もう一つ目に付く商品は地酒「澤乃泉」を使った「澤乃泉サイダー」。 ノンアルコールのサイダーだが、一口飲んだだけで「日本酒」という感覚がする。 この感覚は酒粕パウダーを配合して実現しており、酒好きの方にも炭酸飲料好きな方にも喜ばれるだろう。 また商品の数で目立つのは登米市特産品の「あぶら麩」。 登米市の道の駅ならどこでも販売されている商品だが、 本駅でも「野村のあぶら麩」「山形屋の仙台麩」など12のメーカーの麩が並んでいる。 B1グランプリでは常連の「あぶら麩丼」も本駅で販売されている。

レストランでは「ほろよい豚」など

本駅の「食」に関する施設はレストランと売店(テイクアウトコーナー)の2つ。 レストランでは定食、丼物、カレー、麺類と多彩なメニュー構成。 価格も「仙台牛ステーキ定食(3800円)」から「かけそば/うどん(390円)」まで幅広く、 予算に応じた食事を楽しむことが出来る。 注目のメニューは「ほろよい豚生姜焼き定食(780円)」。 飼料の一部に宮城の銘酒「澤乃泉」の酒粕を与えた育てた「ほろよい豚」を使った生姜焼き定食である。 豚が本当にほろ酔い状態になるのかは不明だが、酒粕を与えることにより肉質が柔らかく臭みが無くなるそうだ。 やわらか牛タン入りの「牛タンオムレツハヤシライス(890円)」も人気メニュー。 登米産の牛肉を使った「焼肉丼(690円)」、 登米市特産の油麩を用いた「油麩入りカレーはっと定食(860円)」も味わってみたい料理である。 屋外にある売店では「ずんだソフトクリーム(300円)」や三滝堂名物の「みたチキン(1本100円)」等を味わうことが出来る。


道の駅看板

国道398号線にある道の駅看板。本駅は高速道路、国道398号線の両方からアクセス可能である。

木製のモニュメント

駅入り口にある木製のモニュメント

駅施設

駅施設。手前からコンビニエンスストア、レストラン、物産館の順に並んでいる。

売店

売店。「ずんだソフトクリーム」と「みたチキン」が人気。「ナポリタン」や「ぶっかけサラダうどん」もある。

ドッグラン

ドッグランも完備。小型犬用と中・大型犬用の2つがある。車中泊用のRVパークも備えられている。

人は登米のだし

物産館で販売されている「人は登米のだし」。10袋入り410円。

澤乃泉サイダー

物産館で販売されている「澤乃泉サイダー(291円)」

米川の水かぶり

情報コーナーに展示されている「米川の水かぶり」。毎年2月上旬、登米市東和町米川地区で行われている火よけの伝統行事。 稲わらを全身にまとって街中を練り歩く。

震災遺構展示

情報コーナーでは東日本大震災の遺構も展示されている。