AROUND JAPAN

(宮城県の道の駅 no.10)

道の駅 上品の郷

駅基本情報
駅名 上品の郷(じょうぼんのさと)
住所 宮城県石巻市小船越字二子北下1-1
駅名の由来 駅から見える上品山より。駅名は公募により決定した。
施設 物産館、農作物直売所、海産物直売所、レストラン、コンビニエンスストア、温泉施設
特産品 金華さば缶詰、みちのく青葉屋の煎餅各種(瓦せんべい/欅せんべい/割れ煎餅)、たらこマルイチ高橋商店の海鮮煎餅、 石巻焼きそば、鯖だしラーメン、牛タン、ずんだ餅、天然鹿肉、鹿肉ソーセージ、鴨肉、 韓国料理各種(サムゲタン/河栄(ハヨン)の焼肉のたれ/高麗人参ドリンク)、鯖のみりん干し、ちりめん小公女、石巻たらこ

スポンサーリンク

温泉「ふたごの湯」が人気

三陸自動車道(無料区間)の河北ICから国道45号線を東に800m、宮城県東部の石巻市に本駅「上品の郷」はある。 本駅は全国に1000以上ある道の駅の中で最も難読と思われる駅名の一つ。 本駅から見える上品山から名付けられた駅名だが、 おそらく「上品」と書いて「じょうぼん」と読めるのは地元の方か僧侶(元々は仏教用語なので)に限られるだろう。 さて、本駅の目玉施設は温泉施設「ふたごの湯」。 県内唯一の含鉄塩化物泉で濃い茶褐色の湯が特徴である。 私が前回、本駅を訪れた2007年の時はもっと色が濃くて濁っていたような気がするが(11年前の話なので単なる気のせいかも知れない)、 現在でも見た目に茶褐色と認識できるくらいで、濁り温泉が好きな方はきっと満足するだろう。 鉄分が多い温泉は湯冷めしにくいという特徴があるので、寒い時期にはうってつけの温泉と言える。 湯の種類は内風呂、露天風呂、サウナの3種類。露天風呂はガラス扉付きで、寒い日はガラス扉を閉めると内湯に変身する。 料金は平日は500円、土日祝日は700円。平日と土日祝で湯の種類、泉質が変わることは無いので、平日に訪れる方がお得である。

金華さば缶詰などの特産品を販売

本駅は直売所「ひたかみ」、レストラン「栞(しおり)」、コンビニエンスストア(ヤマザキショップ)、温泉施設から成る施設構成。 足湯施設も存在するが故障中のため利用不可になっている。 まず直売所「ひたかみ」だが、農作物直売コーナーが約5割、特産品コーナーが約3割、海産物直売コーナーが約2割の割合。 全般的に地産の野菜、果物の販売が目に付く。 産地は全て石巻市産で価格は都会のスーパーと比べるとかなり安い。 しっかりと地産地消の役割を果たしている。 物産館では石巻市の特産品を販売。 石巻市に本拠を置く(有)みちのく青葉屋の「瓦せんべい」「けやきせんべい」「割れせんべい」、 同じく石巻の名店の(株)マルイチ高橋屋の「たこ煎餅」「かに煎餅」「わかめ煎餅」「いか浜辺」等が販売されている。 二度蒸しして茶色くなった麺が特徴の「石巻焼きそば」も本駅の人気商品。 石巻のご当地ラーメンとして有名な「サバだしラーメン」も販売されている。 異才を放っているのが「ジビエコーナー」と「韓国料理コーナー」。 ジビエコーナーでは「天然鹿肉」「鹿肉ソーセージ」「鴨肉」等、 韓国料理コーナーでは「サムゲタン」「河栄(ハヨン)の焼肉のたれ」「高麗人参ドリンク」等が販売されている。 忘れてならないのは「金華さば缶詰」。 テレビ番組や雑誌で何度も紹介されている石巻ブランドの商品だが、 こちらは直売所「ひたかみ」ではなく温泉施設内の直売所で販売。値段は少し高いが(400円位だったような…すみません。失念しました)、 脂が乗っていて身も引き締まっていてとても美味しかった。

週末は地元素材のバイキング

本駅のレストラン「栞(しおり)」は土日祝限定のランチバイキング(11:00~14:00)とディナーバイキング(17:00~19:30)が人気。 料金はランチ/ディナー共に大人(中学生以上)1290円、子供(小学生以上)850円、幼児(3歳以上)600円。 私が訪れた日(平日)はバイキングが開催されていなかったため詳細は不明だが、 パンフレット等の情報によると「地域の食材を使った料理」がコンセプトで「八宝菜」「血液サラサラマリネ」 「鶏肉の味噌焼」「ロールキャベツ」「おくずかけ(宮城の郷土料理)」「スープ餃子」等、30種類以上の料理を楽しむことが出来るようだ。 個人的な意見としては幼児から600円を徴収するのは如何なものか。無料、せめて300円位が妥当と思うのだが。 なお、平日は一般的な食券メニューとなる。 食券メニューは麺類が中心で、看板メニューの「上品の郷ラーメン(880円)」を始めとして「醤油ラーメン(570円)」 「味噌ラーメン(670円)」「チャーシュー麺(780円)」「天ざるうどん/そば(870円)」「ざるうどん/そば(550円)」等を味わうことが出来る。 定食類では「焼肉定食(880円)」「鶏唐揚げ定食(830円)」「エビフライ定食(900円)」等がある。 なお、レストランは温泉施設内にも座席が設けられており、 温泉施設内からも同じメニューを注文することが出来る(バイキングは除く)。


道の駅看板

道の駅看板

モニュメント

駅入り口にあるモニュメント。何を意味しているのだろうか。

横長の駅施設

横に長い駅施設。左からコンビニ、直売所、レストラン、温泉と並ぶ。

直売所「ひたかみ」

直売所「ひたかみ」。農作物売り場が約5割、物産品売り場が3割、海産物売り場が約2割の割合。

レストラン「栞」

レストラン「栞(しおり)」。ラストオーダーは19時30分。

ふたごの湯

温泉施設「ふたごの湯」。県内唯一の含鉄塩化物泉で濃い茶褐色の湯が特徴。

足湯

足湯は故障中のため利用不可

コンビニエンスストア

コンビニエンスストア(ヤマザキショップ)。「ずんだクリーム大福」など石巻土産も販売している。 営業時間は6時~22時。実は隣に24時間営業のコンビニ(ローソン)もある。

金華さばの缶詰

石巻名物の「金華さばの缶詰」。温泉施設内の売店で販売されている。