AROUND JAPAN

(宮城県の道の駅 no.01)

道の駅 七ヶ宿

駅基本情報
駅名 七ヶ宿(しちかしゅく)
住所 宮城県刈田郡七ヶ宿町字野沢倉山2-119
駅名の由来 町名より
施設 物産館、レストラン
特産品 ずんだ、温麺(うーめん)

スポンサーリンク

ダム湖百選の七ヶ宿湖の畔にある道の駅

本駅は宮城県南部の七ヶ宿町にある道の駅。 なぜか県北部に道の駅が集中する宮城県で、唯一県南部にある道の駅である。 駅はダム湖百選に選出されている七ヶ宿湖の畔にあり、駅からは湖を一望できる。 七ヶ宿湖は噴水打ち上げが1日4回行われており、噴水打ち上げの様子も本駅から観察することが出来る。 なお、本駅は2014年4月に西に3キロの七ヶ宿公園内に移動してリニューアルオープン。 リニューアル後も七ヶ宿湖を一望できるロケーションである。 なお、本駅へのアクセスは東北自動車道の白石ICから国道4号線沿いに南に5キロ、 その後国道113号線沿いに西に25キロ。 国道113号線に入った後は渋滞が少なく、変化に満ちた景色で快適なドライブを楽しむことが出来る。

ずんだ等、宮城県の特産品を販売

本駅の施設は物産館とレストランから成る。 物産館ではずんだ、温麺(うーめん)、ゆべし等宮城県の特産品を販売している。 七ヶ宿町はスキーや樹氷で有名な蔵王山の近くにあり蔵王山麓の土産品や蔵王の名を冠した土産品も販売されている。 七ヶ宿町の特産品として少々地味だが山菜、きのこ等が販売されている。 レストランもあり、ここでは麺類などの軽食を食べることが出来る。

天然記念物の材木岩もある

本駅周辺には七ヶ宿湖以外にも見どころが多数ある。 その代表が駅から東へ2キロの場所にある国指定の天然記念物の材木岩である。 縦に筋が幾重にも入った岩はまるで材木が並んでいるかのよう。 高さ65m、幅は約100mあり、近くで見るとかなりの迫力である。 この材木岩は材木岩公園で見ることが出来る。ここには七ヶ宿検問所、林木岩風穴などもあり見どころ十分である。 入場無料なので是非、立ち寄りたいスポットである。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

リニューアル前の駅施設。現在は2キロ西の七ヶ宿公園内に移転してリニューアルオープンしている。

温麺(うーめん)

物産館で販売されている温麺(うーめん)。「ずんだ」も販売されている。

七ヶ宿湖

駅から見る七ヶ宿湖。一日4回(10時、12時、14時、16時)噴水が上がる。

材木岩

近隣にある国の天然記念物の材木岩。岩が木材のような模様になっている。