AROUND JAPAN

(岩手県の道の駅 no.30)

道の駅 くじ

駅基本情報
駅名 くじ
住所 岩手県久慈市中町2-5-6
駅名の由来 市名の久慈市より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、レトロ館
特産品 琥珀、あまちゃんクッキー、あまちゃんまんじゅう、海女の磯汁、海女の磯雑炊、いちご煮、 岩手黒豆ケーキ、黒豆ゼリー

スポンサーリンク

「あまちゃん」ブームは永遠に

本駅「くじ」は岩手県北東部の久慈市にある。 東北地方太平洋沿岸の主要道の国道45号線から国道286号線方面に左折して約2km。 本稿記載の2018年11月現在では近くに高速道路は走っていないが、 現在、三陸沿岸自動車道が急ピッチで建設中。 数年後には三陸沿岸自動車道の久慈ICから2kmのアクセスに恵まれた道の駅になる予定である。 さて、久慈市と聞いて思い出すのはNHK朝の連続テレビ小説の「あまちゃん」。 久慈市(朝ドラの設定では北三陸市)を舞台に女子高生海女の「アキちゃん」とミス北鉄の「ユイちゃん」が活躍するドラマだが、 ドラマで使われた方言「じぇじぇじぇ」がその年の流行語大賞に選ばれるなど当時は大変な話題になった。 実は私はドラマ放映中の2013年7月に本駅を訪れたことがあるが、その時の久慈市は「あまちゃん」で大変な盛り上がり。 本駅は人で溢れ、ドラマで登場する郷土料理の「まめぶ」を提供する出店には大行列。 イベント広場では海女パフォーマンスを行う女子高生グループが登場し、それをカメラに収めようと人が群がる…。 あれから5年、今はあの時ほどの熱狂は無いが、久慈市内では「あまちゃん」ブームは継続中。 町のあちこちにアキちゃん/ユイちゃんのイラストやシャッターアートがあり、 ドラマの舞台となった駅前ビルや海女カフェ、小袖海岸の灯台は今でも多くの観光客が訪れている。

意外と少ない久慈の特産品販売

本駅は物産館「土の館」、観光交流センター「風の館」から成る道の駅。 「土の館」の2階には昭和レトロを展示する有料施設の「レトロ館」、「風の館」の一角にはレストランがある。 全般的に感じるのは意外と本駅における久慈市、及び岩手県の特産品販売が少ないということ。 あまちゃん関連グッズや海女関連商品が多数販売していると思って本駅を訪れたが、 あまちゃん関連では「あまちゃんクッキー」「あまちゃんまんじゅう」のみ。 海女関連では「海女の磯汁」「海女の磯雑炊」のみ。 岩手県全般まで範囲を広げてみても「いちご煮」「岩手黒豆ケーキ」「黒豆ゼリー」他数点のみ。 実は、本駅の物産館の半分近くのスペースは全国1000店以上のチェーンを持つ全日食のスーパーマーケット。 久慈の特産品販売よりも久慈市民の日用生活品販売が中心の道の駅と言えるだろう。 一方、本駅のレストランは観光客にも満足のメニュー構成。 久慈の特産品をふんだんに使った料理を味わうことが出来る。 人気No.1メニューは「漁師投げ込み丼(1250円)」。 久慈の港で当日に獲れた魚を使った海鮮丼である。 少し贅沢をするならば「琥珀丼(2300円)」は如何だろうか。 海鮮丼の中に琥珀の原石に見立てたステーキが入っている。 あまちゃんファンの方には「海女丼(1980円)」がお勧め。 海鮮丼に今や希少価値となったあまちゃんのオリジナル手ぬぐいが付いている。 もちろん、久慈の郷土料理の「まめぶ」も味わうことが出来る。 物産館、レストランの他にもう一つ忘れてはならないのが久慈名物の琥珀の販売所。 ブレスレットは1つ2万~3万円、ネックレスは1つ22万~25万円と手軽に購入できる商品では無いが、 大切な人へのプレゼントにするのは如何だろうか。

道の駅発「あまちゃんロケ地巡り」

久慈観光の目玉の一つはやはり「あまちゃんロケ地巡り」。 道の駅から比較的近くのロケ地を紹介したい。 まずは「北三陸駅」だが、これは三陸鉄道の久慈駅が用いられていた。 ドラマの中の「観光協会ビル」は久慈駅前ビルを使用。 ドラマの中で掲げられていた「北の海女」「北三陸鉄道」「潮騒のメモリーズ」の3つの看板は今も健在である。 久慈駅と久慈駅前ビルは道の駅から徒歩圏内。近くに無料の駐車場は無いので、道の駅から歩いて向かう方が良いかも知れない。 ドラマ設定の「袖ヶ浦海岸」は道の駅から車で20分のところにある「小袖海岸」でロケされている。 ここにはドラマのオープニングで登場した「白灯台」や「素潜り実演場」、 小袖海女センターの中には「海女カフェ」もある。 なお、「北の海女」の素潜りも実際に見学可能。 7月から9月の土日祝の11時と13時に開催されており、見学料は一人500円である。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

物産館とレストラン、有料施設の「レトロ館」が入る駅施設

久慈秋まつりの山車

観光交流館では久慈秋まつりに使われる山車が展示されている

北三陸観光協会

久慈駅前ビル。ドラマの中の「北三陸観光協会」。 「北の海女」「北三陸鉄道」「潮騒のメモリーズ」の看板も健在。

小袖海岸の白灯台

小袖海岸にある白灯台。ドラマのオープニングでおなじみ。

海女の素潜り実演

海女の素潜り実演場。7月から9月までの土日祝日に行われる。

海女カフェ

小袖海女センター3階には海女カフェがある

じぇじぇじぇ発祥の地

2013年流行語大賞に輝いた「じぇじぇじぇ」の記念碑