AROUND JAPAN

(岩手県の道の駅 no.24)

道の駅 厳美渓

駅基本情報
駅名 厳美渓(げんびけい)
住所 岩手県一関市厳美町字沖野々220-1
駅名の由来 駅近くにある国指定の天然記念物「厳美渓」より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、一関博物館
特産品 ジャージャー麺、前沢牛せんべい

スポンサーリンク

もちと湯の郷にある道の駅

本駅は岩手県最南端の一関市にある。 一関市は岩手県第二の都市だが、本駅は一関市の中心部より5キロ程西の田園地帯の中にある。 東北地方の道の駅には各駅にサブネームが付けられているが、本駅のサブネームは「もちと湯の郷」。 「もち」については、一関市は餅文化日本一の街を目指しており、毎年「全国ご当地もちサミット」を開催している。 「湯」はもちろん、一関温泉郷を指している。 本駅には温泉施設は無いが、本駅周辺には温泉宿が幾つか存在する。 立ち寄り湯も可能なので、時間がある方は一関の湯を楽しんでいくのは如何だろうか。 なお、本駅へのアクセスは東北自動車道の一関ICから国道342号線沿いに西に進むのが最も効率的。 およそ5キロで温駅に到着する。

ジャージャー麺と前沢牛せんべいが特産品

駅施設は物産館と農作物直売所とレストランがある。また有料施設になるが「一関博物館」が隣接している。 物産館で目についた商品はジャージャー麺。まあ、ジャージャー麺は一関市だけの特産品では無く、 岩手県全体の特産品であるが、福島県との県境を越えてすぐの所にある本駅では、 ジャージャー麺を見ると岩手県に来たことを実感させられる。 前沢牛せんべいも特産品として販売されている。牛肉エキス入りの煎餅という感じの商品で中々美味しかった。 レストランでは特産品の餅を使った「もちセット」が人気メニューのようだ。

天然記念物の厳美渓まで約2キロ

さて、「道の駅 厳美渓」を訪れたのならばやはり、本物の国の天然記念物の厳美渓も訪れたい。 本駅からは約2キロ。歩いて行けない距離ではないが、やはり車で移動した方が効率的だ。 但し、周辺には無料の駐車場は存在しないため500円程度の出費は必要になる。 厳美渓は岩と川が作る不思議な光景を楽しめる場所。 川の対岸からロープと篭を使って団子を販売する「空飛ぶ団子」も厳美渓の名物である。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

物産館とレストランが入る駅施設

もちと湯の郷のモニュメント

もちと湯の郷のモニュメント

一関博物館

駅に離接する一関博物館。一関市ゆかりの貯蔵品や日本古来の数学の「和算」に挑戦する催しがある。

厳美渓

駅から車で数分のところにある天然記念物「厳美渓」。川の対岸からロープと籠を使って団子を販売する「空飛ぶだんご」も見ものである。