AROUND JAPAN

(岩手県の道の駅 no.14)

道の駅 紫波

駅基本情報
駅名 紫波(しわ)
住所 岩手県紫波郡紫波町遠山字松原7-8
駅名の由来 町名より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 ワイン、焼酎、地酒、酒まんじゅう、

スポンサーリンク

フルーツの町、紫波町にある道の駅

本駅は岩手県の中央部よりやや西部の紫波町にある。 東北自動車道の紫波ICから東に約10キロ、 あるいはJR東北本線の紫波中央駅より東に5キロの場所に駅は位置する。 紫波町は盛岡市のベッドタウンとして宅地化が進んでいるが、本駅周辺はまだまだ緑が多く残っている。 紫波町はフルーツの町と言われるように果物生産が盛んな町。 本駅もフルーツ販売をメインに紫波町の特産品販売を行っている。

物産館では紫波ワインが人気

駅施設は物産館、農作物直売所、レストランから成る。 物産館では紫波町内のワイナリーで醸造したワインが人気である。 物産館では数多くの紫波町のワインが販売されている。 農作物直売所では果物販売が盛んで、季節によって数々の地産の果物が販売されている。 特に、りんご、ぶどう、ラ・フランスの生産が盛んらしい。 レストランはメニューが充実しており、特にステーキランチが人気のようだ。 牛肉ハンバーグ、野菜いっぱいのカレーも人気メニューである。


道の駅看板

道の駅看板

物産館

物産館。紫波ワインをはじめとした特産品が購入できる。

レストラン

色々なメニューがあるレストラン