AROUND JAPAN

(青森県の道の駅 no.14)

道の駅 もりた

駅基本情報
駅名 もりた
住所 青森県つがる市森田町床舞雅桜4-1
駅名の由来 市町村合併前の旧村名の森田村より
施設 物産館、農作物直売所、パン工房、レストラン、そば処
特産品 つがるメロン、津軽西瓜、りんごジュース、つがるメロンケーキ、りんご羊羹、柿羊羹、柿ゆべし、カメコ柿、 手作り麩菓子「縄文柱」、青森せんべい汁、つがるちゃん最中、カレーパン

スポンサーリンク

つがる地球村の北入り口

青森自動車道の浪岡ICから国道101号線を西に27km、 青森県西部の旧森田村(現つがる市森田町)に本駅「もりた」はある。 かつては歌手の吉幾三さんが「電気も無ェ、ガスも無ェ」と歌った故郷だが (正確には吉さんの故郷は近隣の金木町だが、かつて吉さんは本駅で「吉幾三のふるさと便」をプロデュースしたことがある)、 周辺では現在でも田畑が広がる美しい日本の原風景を見ることが出来る。 さて、本駅でまず目につくのは道の駅看板に記された「アーストップ」の愛称と駅入り口にある大きな地球儀。 初めて訪れた方には何を意味しているものなのか分からないと思うが、 これは旧森田村に建設された滞在型リゾート施設「つがる地球村」をアピールしたもの。 本駅は「つがる地球村」の北入り口という位置づけで、 地図で見ると「北」は上の位置、英語では「トップ」となるため「アーストップ」という愛称になったそうだ。 分かりづらいと言えば農作物直売所の名称「おらほのめへ」も県外の人からみると暗号のよう。 こちらは津軽弁で「おらほの(=私たちの)」+「めへ(=店)」という意味のようだ。 難解な名前が多い本駅だが、道の駅施設としては一般的。 物産館、農作物直売所では地産の商品を販売、レストランでは地元食材を使った料理が提供されている。

つがるメロンと津軽西瓜が並ぶ

それでは本駅の施設紹介を行いたい。 まずは2018年2月に新装オープンした農作物直売所「おらほのめへ」では旧森田村を含むつがる市の農作物が並んでいる。 カボチャ、ナス、ピーマン、ゴボウなど野菜の種類は約30種。 商品の80%は旧森田村を含むつがる市産で、市内で供給できない野菜は県外産で補っている。 私が訪れた8月上旬に目立っていた商品は「つがるメロン」。 少々値が張る高級品だが、多くの客が「つがるメロン」目当てに来店していた。 「津軽西瓜」もメロンと同様につがる市の自慢の商品。秋にはりんごも店頭に数多く並ぶようだ。 農作物直売所の隣にある物産館は昔からある建物の中で営業。 農作物直売コーナーが新棟に移ったため売り場面積は2倍に拡張されたが、現状はちょっとスペースを持て余し気味。 他の道の駅と比較すると地産の商品が少ない気がする。 そんな中で「つがるメロンケーキ」「りんご羊羹」「柿羊羹」「柿ゆべし」、 及び公式マスコット「つがるちゃん」が描かれた「つがるちゃん最中」が地元つがる市の名物として販売されている。 一方で青森土産品コーナーはかなり充実。 「青森せんべい汁」や「りんごジュース」等が販売されている。 視覚的に目立つのは手作り麩菓子の「縄文柱」。何と長さが80cmもある。 地元パン工房「TATSUYA」もあり、ここではカレーパン、メロンパン等が人気になっている。

レストランでは「つがる豚」など

本駅の「食」に関する施設はレストラン「野のこ」とそば処「案山子」の2つ。 レストラン「野のこ」は地産品を使ったメニューが特徴で、 特に地元の木村牧場で生産されるブランド豚の「つがる豚」を使ったメニューが人気である。 その、つがる豚を使ったメニューは「つがる豚ロースカツ丼(1000円)」「つがる豚ロースカツ定食(1200円)」 「つがる豚バラ焼き定食(1180円)」「つがる豚カレー(750円)」の4品。 さっぱり味の「弥三郎ラーメン(700円)」も地元の方に人気である。 その他「天ざるうどん(1300円)」「えび天うどん(800円)」等のうどんメニューもある。 そばを食べたい方は古民家を改築した建物の中にあるそば処「案山子」へ。 季節の野菜天ぷらが付いた「天ざるそば(1000円)」、青森名産のとろろ芋が付いた「冷やしとろろそば(600円)」、 納豆と共に頂く「冷やし納豆そば(650円)」等を味わうことが出来る。 そばとご飯類のセットメニューも人気。 中でも地産の豚肉を青森名物の「でらでらソース」で炒めた「でらでら丼とそばのセット(800円)」は、 ここでしか味わえないメニューになっている。


道の駅看板

道の駅看板。愛称は「アーストップ」。

つがる地球村のモニュメント

つがる地球村のモニュメント。以前は夜間にライトアップされていたが、現在はライトアップはなくなった模様。

駅施設遠景

駅施設遠景。右が新設の農作物直売所、中央が物産館とレストラン、左が古民家を利用したそば処。 週末ということもあり駐車場はほぼ満車状態。

農作物直売所「おらほのめへ」

農作物直売所「おらほのめへ」

物産館

物産館。左側の仮設テントでつがるメロンの販売が行われている。

古民家を利用したそば処

古民家を利用したそば処。明治中期に建築された津軽地方を代表する規模の大きな茅葺農家住宅。 旧増田家住宅母屋としてつがる市の有形文化財に指定されている。