AROUND JAPAN

(岩手県の道の駅 no.10)

道の駅 みずさわ

駅基本情報
駅名 みずさわ
住所 岩手県奥州市水沢区姉体町字石川原51-3
駅名の由来 市町村合併前の旧市名の水沢市より
施設 物産館、レストラン
特産品 漬物、和菓子「パイのひとりごと」、水沢カマンベールチーズ、胡麻ソフトクリーム

スポンサーリンク

東北一の大河の横にある小さな道の駅

岩手県有数の都市、水沢市(現奥州市水沢区)の市街地から南東に約10キロの位置に本駅はある。 東北地方最大の大河の北上川の横にある駅で、駅からは北上川の川の流れを見ることが出来る。 都市部からの適度な距離感と、自然が残る環境、駅の立地としては申し分ないが、 駅施設は小規模で2階建ての少し大き目の住宅くらいの大きさである。 アクセス方法としては東北自動車道の水沢ICから国道343号線沿いに南東に約10キロ進むと本駅に到着する。

和菓子が多数販売されている物産館

駅施設は建物の1階に物産館、2階にレストランがある構成。 物産館では和菓子はんばいが目につく。「バイのひとりごと」「焼きパイ」等、パイがいくつも並んでいる。 地産の漬物や水沢カマンベールチーズも特産品として販売されている。 レストランではうどん、そば、カツ丼を食べることが出来る。胡麻ソフトクリームも人気のようだ。 レストランからの見晴らしは良く、北上川と川に架かる藤橋を見ることが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。1階に物産館、2階にレストランがある。

パイのひとりごと

物産館で販売されている和菓子「パイのひとりごと」。但し水沢市のメーカーの商品ではないかも知れない。

北上川

駅から見える北上川