AROUND JAPAN

(静岡県の道の駅 no.24)

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

駅基本情報
駅名 伊豆ゲートウェイ函南(いずゲートウェイかんなみ)
住所 静岡県田方郡函南町塚本887-1
駅名の由来 伊豆半島の玄関口に位置し、伊豆地方全体の情報発信拠点となるゲートウェイ機能を持った施設であることから命名。「函南」は町名より。
施設 物産館、洋食レストラン、寿司&和食レストラン、カフェ&ベーカリー、コンビニエンスストア、(隣接施設)伊豆のわさび屋
特産品 金目鯛やわらか煮つけ、金目鯛カレー、金目鯛釜飯の素、函南カボチャうどん、函南生プリン、函南すいかわらび餅、 函南すいかまんじゅう、丹那高原トマト、丹那牛乳プレミアムクッキー、伊豆みそ、みしまカラ麩ル(3色の麩)

伊豆観光の情報発信基地

新東名高速道路の長泉長沼IC、或いは東名高速道路の沼津ICから伊豆縦貫道を使って南に15キロ。 伊豆半島の付け根にあたる静岡県東部の函南町に本駅「伊豆ゲートウェイ函南」はある。 本駅は国土交通省が選定するH27年度重点道の駅「伊豆道の駅ネットワーク」の基幹となる道の駅。 伊豆半島にある既存の7つの道の駅は交通の不便さゆえに集客面で苦戦を強いられているが、 「伊豆は一つ」のキャッチフレーズを元に各駅が団結。 伊豆半島の道の駅を統括する形で伊豆の観光情報発信基地としてH29年5月1日に新たにオープンしたのが本駅である。 ゴールデンウィーク期間を含んでいるとはいえ、オープンから僅か2週間で来場者数10万人を突破。 まずは順調なスタートを切ったと言えるだろう。

物産館では伊豆の特産品を販売

本駅の施設はかなり多彩。物産館、洋食レストラン、寿司&和食レストラン、カフェ&ベーカリー、コンビニエンスストアがある。 まずは物産館「いずもん」だが、目に付くのは伊豆の特産品である金目鯛関連の商品。 函南町自体は海に面していないので金目鯛に関しては伊豆の他の市町村の特産品になるが、 金目鯛を前面に出して販売しているのは「伊豆は一つ」の心意気だろう。 「金目鯛のやわらか煮つけ(1匹2376円!)」「金目鯛カレー」「金目鯛釜飯の素」「金目鯛ふりかけ」「金目鯛昆布巻き」 「金目鯛茶漬け」など数多くの金目鯛加工品が販売されている。 函南町の特産品としては第1回函南ブランド品に認定されている「丹那高原トマト」を販売。 また、函南町はすいかの産地でもあり「函南すいかわらび餅」「函南すいかまんじゅう」等、すいか関連の商品も販売されている。 その他、三島市特産の麩「みしまカラ麩ル(みかん/いちご/抹茶)」、三島市公式キャラクター「みしまるくん/みしまるこちゃん」のぬいぐるみ、 静岡県全般の土産品の「甘夏ゼリー」「おひなたみかんクッキー」等も販売されている。

伊豆の味を洋食、和食で味わう

本駅の食に関する施設は洋食レストラン「KISETSU」、寿司&和食レストラン「いず鮨」、カフェ&ベーカリー「Spoke Cafe」の三つ。 洋食レストラン「KISETSU」では地元の食材に拘ったメニューを提供。 地元で育成したハコ豚を用いた「ハコ豚&西麓野菜のディッシュ(1350円)」や地元野菜をふんだんに盛り込んだ「旬野菜のカン函カレー(1000円)」 等を味わうことが出来る。 函南町のトマトを用いた商品も人気。「トマトジェラード」や「トマトジュース」を味わうことが出来る。 特にトマトジュースは「50%極トマト」「35%上品トマト」「10%さわやかトマト」の3種類が販売されており飲み比べてみるのも面白い。 寿司&和食レストラン「いず鮨」は50食限定の「いず鮨丼(1280円)」が人気。 実際に食べてみたのだが、大きな器の中に魚、桜エビが大量に入っており想像以上にボリュームを感じた。 味も中々のもの。特に伊豆特産の桜エビのシャリシャリ感が美味しさに花を添えている。 今回は食べることが出来なかったが「わさびナス」「トマトのジュレ」等を使った「伊豆野菜握り」も評判になっている。 寿し以外にも「金目鯛の煮つけ(通常3800円/訪問時はサービス価格2800円)」「伊豆牛のステーキ丼(1500円)」等のメニューがある。 カフェ&ベーカリー「Spoke Cafe」では「富士山サーモンのカツサンド(1280円)」「丹那断層カレー(1200円)」等を販売。 コーヒー等のドリンク類、クレープ等のデザートも味わうことが出来る。

隣接の「伊豆のわさび屋」にも注目

道の駅施設には含まれないが道の駅の隣にある「伊豆のわさび屋」も要チェックの店。 伊豆特産品のわさびの加工場に併設された店舗であり、まさに工場直送のわさびを堪能することが出来る。 まず入り口付近にあるのは「わさびのトンネル」。 トンネル内はわさび工場から沸き立つわさびの匂いが充満しており、鼻がツンとなるような「わさびワールド」に浸ることが出来る。 トンネルの先にはわさびの直売所。ここではまさに出来立てのわさびを購入することが出来る。 更に奥に進むと食事処がある。 人気は本わさびをシンプルにいただく「本わさび丼(500円)」。 「わさびソフトクリーム」も味わうことが出来る。 わさび関連ではないが、伊豆の漁師飯である「駿河湾まご茶漬け(アジの茶漬け:500円)」や「みしまコロッケ(150円)」もここで味わうことが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設入り口

駅施設入り口

物産館「いずもん」

物産館「いずもん」。伊豆の特産品が販売されている。

金目鯛のやわらか煮つけ

物産館「いずもん」では金目鯛関連の商品が目に付く。写真は「金目鯛やわらか煮つけ」

洋食レストラン「KISETSU」

洋食レストラン「KISETSU」。建物の2階部分が洋食レストランになっている。

寿司&和食レストラン「いず鮨」

寿司&和食レストラン「いず鮨」。女性寿し職人が握る寿司が話題。

いず鮨丼

限定50食の「いず鮨丼」。ボリュームにびっくり。

コンビニエンスストア

コンビニもあってとても便利

伊豆のわさび屋

道の駅に隣接する「伊豆のわさび屋」

わさびのトンネル

「伊豆のわさび屋」の中にある「わさびのトンネル」。「危険なので立ち止まらないでください」という注意書きが掲示されている。