AROUND JAPAN

(長野県の道の駅 no.47)

道の駅 大芝高原

駅基本情報
駅名 大芝高原(おおしばこうえん)
住所 長野県上伊那郡南箕輪村2358-5
駅名の由来 駅が位置する高原の名称より
施設 物産館、レストラン、パン工房、温泉、足湯施設
特産品 おもてなしプリン、おもてなしヨーグルト、おもてなし牛乳、大芝ローメン、大芝高原米麹、 ふくろうの目玉(ココア味黒大豆)、黒豆茶、イチジクのグラッセ、自然薯そば、アラマンサスそば、 花豆のやわらか煮、黒豆味噌、さっちゃんの漬物、まっくんぬいぐるみ

全てのものが揃う大規模公園

中央自動車道の伊那ICから一般道(村道3134号線)を北に4km、 長野県のやや南部の南箕輪村に本駅「大芝高原」はある。 南箕輪村は一応「村」を名乗ってはいるが、町制を敷くための人口要件(8千人)を大きく上回る1万5千人が暮らす村。 人口は毎年増え続けており、一般的な村が持つ「過疎」というイメージは似合わない。 南箕輪村は住宅や商店が立ち並ぶ東部地区、田畑が広がる西部地区、山岳地域の飛び地地区に大別され、場所によって変化に富む村と言えるだろう。 本駅は村西部の田園地帯にある大芝公園の中にある道の駅。 大芝公園はおよそ70ha(ヘクタール)、東京ドーム15個分の巨大な公園で、 公園内には物産館、レストラン、温泉、宿泊施設、屋内運動場、テニスコート、野球場、プール、マレットゴルフ場、 アスレチックコース、オートキャンプ場、多目的広場、森林公園と、村民の生活に必要なほぼ全ての施設が備わっている。 村民の憩いの場である大芝公園には多くの村民が集まり、本村を訪れる観光客との交流の場になっている。

おもてなし牛乳や大芝ローメンを販売

多彩な施設が特徴の本駅だが、まずは道の駅の基本施設である物産館から紹介したい。 物産館は比較的小規模だが店内には「南箕輪村コーナー」が設けられており、 本村ならではの商品を購入することが出来る。 まず目につくのはJA上伊那管内の若手酪農家が売り出している上伊那ブランド牛乳の「おもてなし牛乳」シリーズ。 「おもてなし牛乳」を始めとして「おもてなしヨーグルト」「おもてなしプリン」が販売されている。 伊那地方のB級グルメとして有名な「大芝ローメン」も本駅の人気商品。 特製蒸し麺をベースにラム肉と秘伝のタレが付いている。この商品にキャベツを入れてレンジでチンすれば完成。 自宅で大芝名物のローメンを味わうことが出来る。 商品名でビックリさせられるのは「ふくろうの目玉」。 見た目はふくろうの目玉そっくりらしいそうだが、実際はココアで味付けした黒豆。 「黒豆茶」や「大芝高原米麹」も村の特産品として販売されている。 村一番の漬物名人「さっちゃん」が漬けたお漬物や、ゆるキャラグランプリ最下位に輝いた「最も人気のないゆるキャラ  まっくんの縫いぐるみ」等も販売されている。

そば粉100%のガレットが人気

続いてレストランの紹介を。 本駅のレストランではそば粉100%のガレットを使った料理が人気。 「カマンベールチーズと生ハムのガレット(900円)」「粗挽きソーセージとグリーンサラダのガレット(700円)」 等のメインディッシュとなるようなガレットや、 「チョコレートバナナのガレット(800円)」「りんごのコンポートと蜂蜜のガレット(800円)」 等のデザート系のガレットもある。 私は今回、店のお勧めメニューの「カマンベールチーズと生ハムのガレット」を注文。 料理を見て、まず直径20cmはあるガレットの大きさに驚かされるが、 ガレットの生地は薄く、食の細い方でも大丈夫。 味に関しては本当に美味しい。 生ハムの塩辛さ、カマンベールチーズのまろやかさ、リーフレタスのシャキシャキ感がうまい具合に調和し、 特に最初の一口は最高に美味しいと感じた。 ただ、2口、3口と食べていくと段々と塩辛さが口に残るようになる。 私は単品で注文したが、もしかしたら飲み物と共に味わう方が良いかも知れない。 レストランには美味しいワインもあるので、当日に運転しない方はワインと共にガレットを味わうのは如何だろうか。 ガレット以外では2色のカレーを味わう「飛び地カレー」が美味しそう。 大きな飛び地を持つ南箕輪村の形状を2色のカレーで表現したメニューである。 ラーメンやお子様用メニューも充実している。

広い浴槽が魅力の温泉施設

本駅の施設の中で最も人気なのが温泉施設。私が本駅を訪れたのは平日で、一般的に客が少ないと思われる時間帯だったが、 それでも多くの客が温泉を利用していた。 泉質は名湯に多いと言われるアルカリ性単純温泉。 関節痛、腰痛、神経痛など、筋肉もしくは関節の慢性的な痛みやこわばりに広く効果があるようだ。 湯の種類は屋内に大きな内湯とミルキーバス、屋外に露天風呂とジャグジー、その他にサウナと水風呂が備わっている。 利用料は500円。私の相場観ではサウナ付きの温泉は600円が一般的と思っているが、 私的には安くてお得という感じである。 何故か露天ジャグジーだけは混雑しているが、その他の浴槽は広くて余裕があり、ゆっくりと湯を楽しむことが出来る。 温泉の中にはレストランがあり、麺類やミニ丼を味わうことが出来る。 但し、食事利用だけの場合でも温泉利用料を取られるので、食事をする際は温泉も利用したい。

10月の夜はイルミネーションを楽しむ

買い物に、食事に、温泉に楽しみが沢山の本駅だが、10月の夜にはイルミネーションが加わる。 会場は物産館から歩いてすぐの場所にある多目的広場。 とても広い多目的広場いっぱいに数々の美しい光の芸術を見ることが出来る。 あまり混雑しないのも嬉しい。 平日の夜は自分だけのためにイルミネーションが光っているのと勘違いするくらい(ちょっと表現がオーバーかも)。 休日は客が多いそうだが、太鼓演奏やハロウィン仮装大会など休日限定の催し物がある。 本駅には宿泊施設(大芝荘)も併設されているので、宿泊+イルミネーションというプランも良いのではないだろうか。


道の駅看板

道の駅看板

物産館とレストラン

物産館(右の建物)とレストラン(左の建物)

ガレット

レストランの名物料理の「カマンベールチーズと生ハムのガレット(900円)」

パン工房

焼きたてパンが美味しいパン工房

牛柄のメロンパン

パン工房の名物メニューの「牛柄メロンパン」

温泉施設

温泉施設。レストランも併設されている。

足湯施設

気が付きにくい場所にあるが足湯もある。レストランの裏側にあり、利用料は無料。

イルミネーション

10月の夜はイルミネーションを楽しむことが出来る。 開催日は年により変わるらしいので大芝高原のホームページを参照されたい。

展望台から見るイルミネーション

展望台から見るイルミネーション。会場がいかに広いかが分かる。 ちなみに展望台は期間中毎日15分間のみ解放される。

大芝公園

昼間の大芝公園も美しい。森林セラピーロードも人気である。