AROUND JAPAN

北海道-29 おこっぺ

北海道北東部、オホーツク海沿いの興部町にある道の駅。旧駅舎を用いた施設は小さいものの、特徴のある特産品が魅力の駅である。 旧名寄本線の車両が展示されており、簡易宿泊所、休憩室として利用されている。

道の駅看板
旧駅舎跡に作られた駅施設。右が物産館とレストラン、左が鉄道記念館。物産館では韃靼そば、ウインナー、ハム、ヨーグルトなど地産の商品が多数。
鉄道記念館に掲示されている旧路線図。興部駅は名寄本線と興浜南線の中継地点であった。
駅広場に展示されている車両「ルゴールエクスプレス」
興部町は酪農の町。牛乳を用いた特産品「ミルクの夢」(ジャム)。